住吉大社にはクスノキの巨樹がたくさん(大阪府大阪市)

Pocket

本殿そばの巨樹

全国に約2300社もあるという、住吉神社の総本社である大阪・住吉大社には、クスノキの巨樹が何本も立っています。

住吉大社・楠珺社をかこむ2本のクスノキ

中でも特に大きいのは、楠珺社(なんくんしゃ)と呼ばれる末社(まっしゃ)そばにある2本です。

s1000%e5%b9%b4%e6%a5%a0

s1000%e5%b9%b4%e6%a5%a03

s1000%e5%b9%b4%e6%a5%a04

楠珺社裏に立つ樹齢1000年のクスノキ

1000年クスノキに住む白蛇のお守り

楠珺社の社殿裏に立つクスノキは、幹周り約9.8メートル、樹高約18.5メートル、大阪市の指定保存樹となっていて、樹齢は推定1000年。古来よりこの地に立ち、地域住民のシンボル的な存在として、祀られていたことが想像できます。実際、既に江戸時代の頃には、御神木として祀られていたそうです。巨樹のために神社がつくられた、と考えるのが一般的でしょう。1世紀を生きてなお樹勢はまだまだ元気で、根回りの太さは迫力満点。その大きさと樹勢の良さで、社殿の一部に幹がめり込んでいるほどでした。また、これまで訪れた他の巨樹でもありましたが、根元に白蛇が住みついているとのこと。その白蛇と巨樹をモチーフにしたお守りも売られています。

s%e5%a4%ab%e5%a9%a6%e6%a5%a0

s%e5%a4%ab%e5%a9%a6%e6%a5%a03

楠珺社前の夫婦楠

もう1本は楠珺社社殿の鳥居前に立っている「夫婦楠」と呼ばれるクスノキです。樹高約19.8メートル、幹周り約7.9メートル、推定樹齢約800年、こちらも社殿裏のクスノキと同じく、市の保存樹に指定されています。名前の由来になっているとおり、幹が根本付近で2つにわかれているのが特徴です。夫婦楠も樹勢は良好。鳥居を超え、社殿の屋根にまで枝を伸ばしていました。巨大な2本のクスノキが社殿を囲んでいる様子は、これまで数多くの巨樹を見てきた私にとっても、新鮮な光景でした。

s3

楠珺社と本殿の道中に立つクスノキ

さらに楠珺社と住吉大社本殿の道中に、枯れは進んでいますが、大きなクスノキがあります。

その他の巨樹は、境内のあちらこちらに点在しています。住吉大社の紹介や見どころとあわせて、紹介していきます。

resize0011

住吉大社出入り口

大きな神社ですから、出入口はいくつかあります。今回は南海本線「住吉大社駅」を利用し、正面出入口から入りました。駅のホームに降り立つと、既に住吉大社の杜(もり)が目に飛び込んでくると同時に、目前を走る路面電車が印象的でした。

大鳥居をくぐると、見るからに傾斜がきつそうな、赤い橋があります。反橋(そりはし)が正式名称ですが、太鼓橋とも呼ばれています。

resize0013

resize0014

s%e5%a4%aa%e9%bc%93%e6%a9%8b4

反橋

少し分かりづらいですが、池を挟んで2本の巨樹が立っている様子が橋の上から確認できます。

s%e6%b1%a0%e6%b2%bf%e3%81%84%e9%a7%85%e5%81%b4%e3%81%ab%e3%81%82%e3%82%8b%e5%b7%a8%e6%a8%b9

池そばのクスノキ

正面側に立つ巨樹です。案内板などは見当たりませんでした。

s%e8%aa%95%e7%94%9f%e7%9f%b33

s%e8%aa%95%e7%94%9f%e7%9f%b3

s%e8%aa%95%e7%94%9f%e7%9f%b32

誕生石そばのクスノキ

一方、池向かいの巨樹は「誕生石」と呼ばれる見どころに立っていることもあるのでしょう、しめ縄が張ってありました。ちなみにこの場所、源頼朝の子といわれる島津忠久が誕生した場所で、安産祈願の対象となっています。

s%e6%a9%8b%e3%82%92%e3%82%8f%e3%81%9f%e3%81%a3%e3%81%9f%e5%85%88%e3%81%ab%e3%81%82%e3%82%8b%e5%b7%a8%e6%a8%b9

s%e6%a9%8b%e3%82%92%e3%82%8f%e3%81%9f%e3%81%a3%e3%81%9f%e5%85%88%e3%81%ab%e3%81%82%e3%82%8b%e5%b7%a8%e6%a8%b92

反橋そばのクスノキ

橋を渡り終えると進行方向右側に巨樹があり、こちらもしめ縄が張ってあります。

橋から先のエリアは4つの本殿が建ち並ぶ、まわりとは別の区画になります。区画内に入るとまず1本、その後も数本のクスノキの巨樹が立っていました。

resize0019

s%e7%ac%ac%e4%b8%80%e6%9c%ac%e5%ae%ae%e3%81%ae%e3%81%9d%e3%81%b0%e3%81%ab%e7%ab%8b%e3%81%a4%e5%b7%a8%e6%a8%b92

本殿そばのクスノキ数本

冒頭紹介した楠珺社に向かう道中に、書物を納めている御文庫(おぶんこ)と呼ばれる白い蔵があり、蔵の前にも1本立っています。

s%e5%be%a1%e6%96%87%e5%ba%ab

御文庫とクスノキ

このように住吉大社には、数多くの巨樹だけでなく、見どころもたくさんあります。続けていくつか紹介します。

うさぎの口から水が注がれる手水舎。

うさぎ手水舎

慶長年間の頃に豊臣秀頼によって奉納されという石舞台です。厳島神社、四天王寺にある石舞台とあわせて「日本三舞台」のひとつで、重要文化財に指定。現在でも毎年5月になると、雅楽の演奏と舞のイベントが開かれています。

石舞台

楠珺社周辺に立つ3本の巨樹のまわりには、赤いのぼり旗がたくさん掲げられ、「初辰まいり」という文字が大きく書かれていました。楠珺社はお稲荷さんが祭神ですから、赤いのぼり旗は分かります。けれども「初辰」という言葉、みなさんはご存知ですか。

楠珺社は特に商売繁盛に強い神社であり、初辰とは毎月最初に迎える辰の日のこと。「はつたつ」という言葉が「はったつ」に転じ、「商売発達」を求める大阪商人が、定期的にお参りにくるそうです。辰の日とは干支にちなんだ暦であり、12日周期できます。

住吉大社は楠珺社のように、境内に別の祭神を祀る神社が数多くあります(摂社、末社といいます)。楠珺社だけでなく、他の末社にも商売繁盛に強い神社があり、これらの神社を初辰の日にすべてお参りすることを、「初辰まいり」と言います。

神社建築史上最古の様式とされ、国宝建造物でもある第一本宮から第四本宮まで4つの本殿が建ち並ぶエリアの雰囲気は別格でした。自宅近所にある氏神を祀る神社のそれとは一線を画す、まさに神々しい雰囲気です。巨樹に興味がある方はもちろん、神社仏閣好きにも、魅力的な場所だと思います。

住吉大社公式Webサイト:http://www.sumiyoshitaisha.net/

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です