主旨と趣旨のちがい

Pocket

意外と両者の違いを気にせずに、使っている人が多いのではないでしょうか。

なので、改めてそれぞれの意味、使い分け方法などを紹介します。。

まず、趣旨、主旨、それぞれの意味を、コトバンクで調べてみました。

<主旨>考え・文章・話などの、中心となる事柄。主意。「論文の―をつかむ」

<趣旨>1:事を行うにあたっての、もとにある考えや主なねらい。趣意。「会社設立の―を述べる」
2:文章や話などで、言おうとする事柄。趣意。「話の―が伝わらない」

……。う~ん、違いがよく分からないですよね(苦笑)。

なので、さらに調べてみると、下記リンク先にわりと分かりやすい解説がありました。

http://知っ得袋.biz/402.html(役立つ・ためになる知っ得袋!)
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/397992.html(教えて!goo)

まとめると、主旨はその事柄のメインテーマであり、基本、1つしかない。

一方、趣旨は目的や狙いなので、いくつあってもいい、という回答になるかと。

では例文です!

—————————–

■趣旨
「講演会を開催する前に、まずはこの会の開催趣旨をご説明いたします」

■主旨
「君の書いたレポートは、主旨が何なのかがよく分からない」

—————————–

Pocket