矜恃 (きょうじ)とは

Pocket

一言で説明すればプライドを意味し、これが一般的な解釈だと思っていいでしょう。

自信と誇り。自信や誇りを持って、堂々と振る舞うこと。きんじ。プライド。 「学生としての-を持て」※コトバンク

思っていい、と紹介したのは、後ろの漢字を「持」にした「矜持」という言葉もあるからです。

そして、こちらの言葉に関しては、同じ意味で使ってもよいという解釈がある一方で、2つの単語は異なる意味である、という説もあるからです。
※コトバンクでは同じ意味で紹介されています。

そして異なる場合「矜持」の方は、プライドではなく「抑制」を意味するとか。

何だか、むずかしいですね……。

なんで、より詳しく理解するために、漢字それぞれの意味を調べてみました。

矜:〈キョウ〉自負する。ほこる。〈キン〉あわれむ。
恃:<たのむ>力にして頼りとする。たのむ。
※共にコトバンク

「持」は調べるまでもないでしょう。

結果、やはりプライドという解釈が正しいかと。

なぜ、「矜持」だと抑制という意味になるのか……。

ただ、あれこれと調べていくと、プライドという意味を持ちながらも、「自らを抑制する」という意味も含まれるのが正しい解釈のよう。

つまり、矜恃は見るからに堂々としている様であり、一方矜持は、内に秘めたプライド的な感覚でしょうか。

とりあえず、プライドとして使う場合には、矜恃を使えば間違いないことだけは、言えそうです。

では最後に、例文を

「どんなに疲れていても顔に出さず、淡々と業務を遂行するのが、一流ビジネスマンの矜恃だ」

Pocket