稗島のくす(大阪府門真市)

Pocket

resize0148

薫蓋樟から徒歩10分ほど。古川・三庄橋付近の民家敷地内に立つのが、稗島(ひえじま)のくすです。

resize0149

resize0159

resize0156

樹高約10m、幹周り約8.8m、推定樹齢400年以上。市内では薫蓋樟に次ぐ大きさを誇り、府の天然記念物指定を受けています。

resize0164

resize0163

resize0160

民家の敷地から、川側も含め枝葉が豪快にせり出しているのが特徴的で、川面には逆さになった樹影が見事に映っています。樹冠の雄大さは、200m先にある隣橋、三島大橋からも確認することができます。

resize0151

resize0150

薫蓋樟と同じように、根元からすぐのところで主幹が大きく枝分わかれしており、角度によっては4本にも見えます(実際は3本)。

resize0152

resize0154

樹勢は良好そうで、道路側から少し離れてクスノキを見ると、その存在感に改めて驚きます。

resize0158

resize0153

resize0155

resize0165

resize0167

稗島のクスのそばにある堤根神社にも、数本のクスノキが立っています。

resize0162

resize0161

さらに、薫蓋樟から稗島のクスに至る道中にも、数本のクスノキが見られ、まさに門真市はクスノキの街であるという印象を持ちます。

「ひえじま」とはこの辺りの地名ですが、明治末ごろまでは大阪中心部に向かう乗船場だったんだとか。そのため、休憩所や船宿もあったとのこと。

舟場の面影は見つけられませんでしたが、古くから残る立派な屋敷風の建物は数多く見られ、東京でいうところの下町的な情緒を感じながら、クスノキ巡りを楽しみました♪

Pocket

“稗島のくす(大阪府門真市)” への1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です