三島神社の薫蓋樟(大阪府門真市)

Pocket

resize0129

国の天然記念物指定、新日本名木百選、大阪みどりの100選、神秘的な巨樹ベスト10(薫蓋樟は9位)、門真市の木といった具合に、数々の肩書きを持つのが、大阪府門真市の三嶋神社に立つ薫蓋樟(くんがいしょう、くんがいクス)です。

resize0124

resize0125

resize0144

府内では最大であり、国内でも有数の大きさを誇るクスノキで、幹周り約13m、樹高約24m、推定樹齢1000年。神社が小ぢんまりとしていることもあり、その迫力たるや、訪れた者を圧倒する雰囲気を持っています。

resize0140

resize0126

クスノキらしく、幹も枝葉も千手観音のように自由気ままに伸びているのですが、主幹が10mを超えるため、数本に分かれている幹も、それぞれがかなりの太さです。そのため、枝葉を伸ばしているというよりも、以前紹介した「金袋山のミズナラ」のように、まるで首長恐竜もしくは大蛇が、社殿や神社の壁に当たらないように、その首を伸ばしているようにも映ります。

resize0130

resize0137

resize0141

resize0145

枝張りのスケールは東西南北共に約34m。つまり、天地よりも水平方向に大きく広がっており、その枝先は境内外の道路や隣の民家にまで伸びていました。

resize0135

resize0136

クスノキは社殿目前の一段あがった場所に窮屈そうに立っているのですが、スロープも設けられていて、ぐるりと一周できます。すると改めて主幹の太さに驚くと共に、縦横無尽に伸びた枝葉が、社殿も含めて神社全体を覆っていることが分かりました。

resize0139

resize0133

resize0138

resize0142

主幹には、コブやら凹凸が目立ち、樹皮も場所によってはクスノキというよりもマツのようにゴツく、1世紀以上生きている歴史を感じさせるに相応しい風貌です。樹勢は良好そうで、枝葉についたたくさんの葉っぱが風に揺れ奏でる、“サワサワ”という音色にしばし癒やされました。

resize0127

resize0123

ただ、今でこそ元気な姿をしていますが、昭和9年の室戸台風や、辺りの宅地化による地下水の枯れなどにより、何度か樹勢が衰えたことがあったんだとか。そこで地元の人が保存会を結成し対策を施し、現在に至っているそうです。

resize0132

resize0134

resize0128

確かに、折れた大枝を修復した跡や支柱なども設けてられていて、手入れの届いている様子が伺えます。同時に、神社の地面には枯山水とまでは言いませんが、ホウキなどで掃いたのでしょう。掃除や手入れをしている跡があり清潔そのもの。巨樹も神社も愛されていることが分かります。

さて、この木にはいくつかエピソードがあります。

1つ目は、肥料代わりに日本酒を撒く習慣があったという逸話。その量は、鏡開きで使う一番大きいサイズの「四斗樽」まるまるだったそうで、これは一升瓶40本分の酒量に相当します。

2つ目は、大正年間の頃の話題です。近所に電灯を敷設することになり、クスノキの枝先が邪魔で少し切ったそうです。すると、剪定した者が腹痛を起こしたため、以後は控えられたんだとか……。

resize0146

3つ目は名前に関してですが、木の根元にある歌碑の詩に由来していること。幕末に活躍した、左少将・千種有文(さしょうしょう ちぐさありふみ)という人物が歌ったそうですが、歌詞が書かれている石碑は表面がかなり汚れていて、確認できませんでした(苦笑)。

神社の歴史も少し。もともとは山王権現を祀った神社だったそうですが、その後の合祀などにより、現在では、天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)、大己貴命(おおなむちのみこと)、素盞嗚尊(すさのおのみこと)の三神を祀っているそうです。

resize0143

resize0131

アクセスは、大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線「門真南駅」から徒歩10分。あるいは大阪高速鉄道大阪モノレール線「門真市駅」から徒歩30分。辺りは宅地ですが、あちらこちらに案内板が出ているので、迷うことはありません。

resize0147

ちなみに私は門真市駅からアクセスしたのですが、大阪モノレール線の各駅には、1泊2日200円で利用できるレンタサイクルがあるので、それを利用しました。

ところで、このあたりには薫蓋樟とまではいかないにしても、クスノキの巨樹がかなり自生しています。

その理由を調べてビックリ。

何とこのあたりは、太古の昔には河内湾という海の底であり、その後湖となり、湿地、田んぼを経て現在に至ったんだとか。

中でも薫蓋樟の付近は特に低平な地域だったようで、最後まで河内湖の名残を残していたとか。実際、近くには川がいくつも流れています。

仮に、宅地造成という人の手が入っていなかったら、未だに湿地であり、さらに大きなクスノキが自生していたかも……。

樹齢1000年を超える薫蓋樟に触れ目を閉じながら、そんな太古にあったであろう景色を、イメージしている私でした。

※近くにある「稗島のクス」のレポートはこちら。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です