高瀬の大木(福島県会津若松市) 

Pocket

reseize引き

最寄り駅は会津若松駅になりますが、歩くと1時間ほどの距離にあるため、レンタル自転車を借りてアクセスしました。

reseize町方伝承館1

reseize町方伝承館2

reseize自転車

駅でも借りられるそうですが、事前に地域の観光センターに電話すると「もっと安く借りられる」とのこと(500円/日)。駅から歩いて5分ほどの「会津町方伝承館」を目指します。

伝承館の人に「高瀬の大木に行きたい」と話すと、マップをくれ、樹までのアクセス路をマーカーで分かりやすく書き込んでくれました。同ルートを頼りに樹を目指します。

reseize出発路

reseizeホテル大阪屋

reseize洒落た街並み

reseize涙橋(柳橋)

reseize中沢交差点

伝承館の前の「町方蔵しっく通り(大町通り)」を南に数分走り、ホテル大阪屋が出てきたらそこの交差点を右折。あとは道なりにひたらすペダルをこぎます。途中、お洒落な建物が多く立ち目を引きました。観光客の姿も多くあり、賑わっています。対の柳が印象的な涙橋(柳橋)を通過し、中沢の交差点を左折し道なりに左に折れると、右手に広がる黄金色の田園の先に、目指す巨樹の姿が目に飛び込んできます。

reseize城跡への案内板

reseizeやや引き

reseize木へ向かう田園風景

樹は、今から400年以上前の1600年、このあたりを治めていた会津藩主、上杉景勝という人物が建てた神指城(こうざしじょう)跡地に立っています。築城時点で既に高瀬の大木はあり、かなりの大きさだったとのこと。おそらく、シンボル的な意味も兼ねていたことが想像できます。

ただし、城は徳川家康の反感を買い、築城途中で工事がストップします。そして、会津征伐、関ヶ原の戦いに続くきっかけに。歴史に興味がある方は、調べてみると興味深いかもしれません。

reseize丘に立っている様子

reseize日当たり抜群の様子

辺り一面に田園が広がること、やや土が盛り上がった位置に立つことから、周囲からはかなり目立ちます。同時に、日当たり抜群の環境であることも。あたりを用水路が流れていることからも水も豊か。根元の太さが12.55メートルもある巨樹に育つわけです。

reseizeサークル

幹の太さは目の高さでも10.45メートル、樹高は24.64メートル、樹齢は500年と推定され、国の天然記念物指定を受けているケヤキです。


reseize傷んでいる様子

その樹齢からでしょうか。支柱や大枝の折れがあちらこちらに見られ、周囲にはサークルが設けられ、保護されていました。ただ、樹をぐるりと見回せるよう、木製のルートが整備されています。

reseize階段

来た側の田園とは反対側にまわると、ずっしりと太い1本の幹から、3本の太い幹がちょうど3方向にバランスよく、まるで恐竜の手のように伸びていることが分かります。

reseize田園と反対側からの様子

reseize大きな幹が3本伸びている様子

以前おとずれた金袋山のミズナラも、このような枝の伸び方をしていたことを思い出します。

reseize空洞

reseize葉っぱ

遠目なので正確には分かりませんが、その太い根元の幹内は空洞になっているよう。しかし、夏の日差しを存分に浴びているケヤキはの樹勢は良好。鮮やかな緑色の葉っぱをたくさん付けています。

reseize東屋

reseize稲穂

reseize水路

そんな巨樹を見ながら休憩できる東屋もあります。これから稲の収穫という時期だったため、一帯は稲の心地良い香りが広がり、水路を流れる水の音は耳に癒やしを与えてくれます。そんんな中、東屋で隣り合わせた地元の人から頂いたナシを食べていると、改めて日本の田園風景の心地良さを満喫している自分がいました。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です