富士山・須走ルート

Pocket

3776メートルという日本一の標高に加え、独立峰である富士山。そのため、登山ルートはいくつかあり「吉田ルート」「富士宮ルート」「須走ルート」「御殿場ルート」とメジャーなのは4つ。今回は「須走(すばしり)ルート」で登りました。

世界文化遺産に登録されてからというのも、以前にもまして登山者数が増えていると聞きます。しかしその中にあって、須走ルートは空いているということで選択。実際に登ってみると、週末の奥多摩登山と変わらない程度の人で、スムーズな登山が楽しめました♪

img_subashiri_map_s
須走ルート:富士山エリアの総合ガイド – フジヤマNAVIより

登り約7時間、下り約3時間、歩行距離約13キロメートル、標高差約1800メートル(5合目出発。同地点の標高が1970メートル)。4ルートの中では2番目に距離が短いのも特徴です。

では、さっそくルートを紹介していきましょう。登山日は2013年8月29~30日。山小屋での1泊という計画でした。いつのも登山とちがい、今回は頼りになるリーダーがいてくれたので、時間などは一切計らず。知りたい方は上記リンクもしくは正確な地図を参考にされてください。

reseize201308富士山 001

東京からのアクセスということで、新宿から出ている小田急箱根の高速バスを利用し、まずはJR御殿場駅を目指しました(約1時間40分)。

reseize201308富士山 019

reseize201308富士山 018

reseize201308富士山 021

reseize201308富士山 029

御殿場駅からは富士急富士登山バスに乗り換え、1時間ほどかけて富士山麓のワインディンロードをゆっくりと上がります。

reseize入山口

1時間ほどで須走口五合目に到着。既に2000メートル近い標高ということで、先ほどまでの蒸し暑さから一転、涼しい空気が漂っていて、当日は霧も発生していました。

reseize201308富士山 037

高山病にならないようにと、ここで1時間ほどからだを慣らしてから、いざ登山スタート。須走口五合目には休憩もできる大きな食事処が2軒あるので、ここで腹ごしらえや軽食・水の補充をすることも可能です。

ちなみに、ここから山頂までのトイレはおそらくすべて有料(1回200~300円)となります。100円玉をたくさん持っていくと便利です。

reseize201308富士山 039

reseize201308富士山 043

整備された道をしばらく進むと、登山の安全を見守ってくれているのでしょう、神社がありました。さて、この神社を抜けるといよいよ本格的な須走ルートの始まりです。

reseize201308富士山 047

reseize201308富士山 050

reseize201308富士山 055

火山岩だらけの登山道をイメージしていたのですが、いえいえどうして、しばらくは夏らしい緑が心地よい樹林帯が続きます。若い木もかなりあり、山が生きていることを感じます。

reseize201308富士山 078

reseize201308富士山 094

reseize201308富士山 102

時折ルートから外れ、山頂までを見渡せるようなスポットがあり、そこでの景色はまさにイメージしていた富士山。いかにも火山灰(?)・岩という地層に、木や草がへばり付くような光景が広がっています。

reseize201308富士山 088

強風によるものなのか、片側にしか枝葉がついていない木も。

reseize201308富士山 106

reseize201308富士山 108

reseize201308富士山 110

新六合目に着きました。約450メートル標高が上がったことになります。ちなみに目印はなぜか「こいのぼり」。○合目の度に鳥居があるのも、富士登山ならではかと。また、「新」やら「本」やら、同じ六合目でもいくつかあるので、正直、ややこしいです(笑)。

reseize201308富士山 126

山の中には雨水をしっかりと貯めていることが分かりました。

reseize201308富士山 131

本六合目に着きました。地図では標高2620メートルと書いてありましたが、山小屋の看板では2700メートル。このあたりは、わりとアバウトのようです(笑)。

reseize201308富士山 146

reseize201308富士山 144

reseize201308富士山 152

reseize201308富士山 165

reseize201308富士山 162

さて、このあたりから景色がいよいよ、いわゆる富士山ぽくなってきます。雲も下の方に。

reseize201308富士山 182

七合目に近づくにつれ、次第に緑が少なくなり、振り返ると麓の街がまるでジオラマのように見えます。山中湖も小さく、フカヒレのような形が印象的でした(笑)。影富士を見ることもできました。

reseize201308富士山 192

今日の宿は本七合目の「見晴館」。標高は既に3000メートルを超えていて、僕は若干高山病気味でした(こめかみや首・肩まわりが痛かったです)。

reseize201308富士山 202

しかし、頂きの方に目をやれば山頂はもうすぐ。疲れも体調の悪さも和らぎます。

ただ、このとき南の海で台風が発生しており、上陸するかもという予報が。そのせいか、七合目に到着する間際には、強烈な風と冷たい空気が一気に登山者を襲ってきました。「富士登山をナメたらイカン」という言葉を実感します。

reseize201308富士山 209

reseize201308富士山 208

reseize201308富士山 210

さて、山小屋での夕食はカレーです。福神漬とらっきょうが食べ放題で、サラダも付いていました。ルーには具もたっぷり。見晴館は修復工事を繰り返しているようで、最近もした模様。天井にはヒノキの真新しい梁があり、ヒノキ独特の心地よい香りが館内には漂っていました。

reseize201308富士山 205

ちなみに別館もあり、我々はそちらに宿泊。2人で1つの布団セットを使うシステムです。なので、奇数の我々は一人寝袋に(自分)。ただし、さすがは富士山の山小屋。Deuter製のしっかりとしたシェラフなので、かえって夜は暑くて目が覚めるほど。貴重な水を大量に飲んでしまいました(苦笑)。

さて、七合目到着時の強風と冷気は、山小屋で仮眠をしている間に一層増していきました。ダウンやニット帽、手袋なしでは外に出られないほどの環境に。寝ている間の外の風音が凄いのなんのって……。山小屋の出入口のドアが吹っ飛ぶのではないか、というほどでした。ただ、山小屋の主人いわく「こんなもんですよ」とサラリ。

reseize201308富士山 216

そんな強風の中で無理やり夜景を撮影したため、ブレブレなカットに(苦笑)。

【2日目】

強風のため出発を少し遅らし、4時ちょい過ぎに見晴館をあとにしました。しかし、外はまだ真っ暗。加えて強風は変わらず。風に飛ばされないよう一歩ずつ地面をしっかりと踏みしめ進みます。なので、この間写真を撮る余裕はなし。八合目の山小屋が風よけになり、ようやく一息つけました。

ご来光はここで。……言葉は必要ないでしょう。

reseize201308富士山 217

reseize201308富士山 251

reseize201308富士山 260

reseize201308富士山 261

reseize201308富士山 282

reseize201308富士山 290

さて、その後は登山者が最も多いと言われる、吉田ルートと合流します。しかし、特に人は増えず。週末ではここで渋滞することもあるそうで、僕が登った日はかなり空いているようでした。ここから山頂まで山小屋はありません。九合目は鳥居のみです。

reseize201308富士山 307

reseize201308富士山 300

reseize201308富士山 297

reseize201308富士山 308

ちなみに、八合目より上は富士山本宮浅間大社の境内だそうで、山頂には霊場が点在しているとのこと。これまた登るまで知りませんでしたが、富士山の山頂はいわゆる一般的な山の山頂のように小さなスポットではなく、直径600メートル、深さ200メートルの大きな火口のまわり全体を指します。そして、この火口をぐるりとまわることで、火口の様子や先の霊場、そして本当に頂である「剣ヶ峰」などをまわることを「お鉢巡り」と言うそうです。

reseize201308富士山 317

reseize201308富士山 320

山頂に着きました(正確にはもっと高い場所があります)。

reseize201308富士山 324

reseize201308富士山 327

reseize201308富士山 328

reseize201308富士山 330

山頂には神社の他、お土産屋さんと休憩処が一緒になった小屋があります。強風は相変わらずなので、小屋の中に入って休憩。見晴館でもらった朝飯のおにぎりと、一杯500円の味噌汁でパワーを注入します。

reseize201308富士山 338

reseize201308富士山 331

お鉢巡りに向かいますが、強風はやむどころかさらに勢いを増し、正直、油断していると飛ばされるほど。残念ですが、下山することを選択しました。

reseize201308富士山 340

reseize201308富士山 347

reseize201308富士山 348

帰りは須走ルートの下山道を。しばらくは風が強かったですが、標高が下がると気候は大分安定し、先ほどまでの強風と冷気がウソのように、穏やかな山となりました。

reseize201308富士山 357

ふと見上げると、既に山頂はかなり上の方に。

reseize201308富士山 375

reseize201308富士山 379

須走の下山ルートは「走」の字が入っていることも分かるように、砂地をまさに駆け下りるルート。そのため、健脚な人であれば2時間もかからないで下山できるのでは、といった印象でした(正確な時間は計っていないので分かりません)。

reseize201308富士山 385

きのうの入山口である五合目の一つ手前の休憩所で、くつの中にたまった砂を払います。

reseize201308富士山 386

reseize201308富士山 388

reseizeビールときのこパスタ

ここからは樹林帯を通り、無事、きのうの昼に居た場所、須走五合目に到着。生ビールときのこづくしのパスタで疲れを癒やしました。

【感想】
足腰への疲労はほとんどありませんでした。ふだん、からだを動かしている方であれば、それほど苦労することなく登れるルートという感想です。

ただし、予想通り気候の変化が激しいため、装備の充実はマストです。僕は今回レイン用の手袋ではなかったため、指先がかなり冷たくなりました。ウエアはもちろんですが、手袋もレイン用をおすすめします。

あとは、高山病対策のサプリメントや頭痛薬(一長一短あるようですが)。水場が皆無なので、からだを拭く用のウエットティッシュなどがあると便利かと。

もう1つ、空気が薄いのがしんどかったです。特に九合目から急に酸素が薄くなったように感じ、足腰というよりは心肺系の疲労をかなり感じました。

最後に僕の体力データを紹介します。登山の参考にしてください。

【体力データ】
年齢:40歳(男性)
スポーツ歴:高校時代はラグビー部。大学時代は、サーフィン、インラインスケートに没頭。その後しばらくブランクあり。
現在の体力レベル:約8キロメートルのランニング、2~3時間のフットサル・サッカーを週に1~2度。183センチ73キロ。

来年は別ルートで登頂し、お鉢巡りをしたいと思います♪

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です