熱田神宮に立つ6本のクスノキ(愛知県名古屋市)

Pocket

reseize3クスノキ

2013年、1900年目の歩みを迎えた熱田神宮(あつたじんぐう)。名古屋の中心地から駅2つという立地にありながら、東京ドーム約4倍という19ヘクタールの敷地を誇ります。まさしく「杜」と呼ぶにふさわしい樹々が数多く立ち、都会のオアシスを形成、熱田神社とも呼ばれています。

reseizeトップ

敷地内には三種の神器の1つ「草薙神剣(くさなぎのみつるぎ)」を祀る本宮の他、全部で45もの社があるのも特徴。その他、結婚式場、宝物館、図書館、神職養成学校なども併設しています。

reseize駅の案内板

reseize立教の上から

名鉄本線・神宮前駅の改札を出ると、すぐに「熱田神宮」の案内板に気づきます。案内板に従い歩いていくと、杜の緑が広がっている光景が飛び込んできます。

結婚式場内のクスノキが最大級

reseize結婚式場

他にも出入り口はいくつかありますが、神宮前駅からのアクセスで境内に入ると、まずは結婚式場の会館に着きます。実はこの会館の中に、神宮内で一番大きなクスノキがあります。

式関係者のみが入れるような場所から、そのクスノキは見ることができます。当日式がなかったのか、入り口のスタッフの方に声を掛けると、幸運にも樹の場所まで案内してもらいました。

reseize1クスノキアクセス

reseize1クスノキ斜面

reseize1クスノキ根元

reseize1クスノキ根元2

reseize1クスノキ全体像

reseize1クスノキ-苔

式場ロビーと外を隔てる、ガラス一面の外壁からその樹を見ることができました。樹高33メートル、幹周り8.7メートルとありますが、斜面をしっかりと掴むしっかりとした根元は、もっと大きく見えました。やや窮屈そうな場所に立っているという印象を持ちましたが、空の方を見ると鮮やかな緑色の苔に覆われた幹が元気に伸び、樹勢は良好であることがわかります。

境内には全部で7本のクスノキがあるそうですが、僕が見つけられたのは6本。うち1本は枯れ死していました。境内の全体が分かるとイメージしやすいかと思いますので、下記地図を参考に残りの記事を読んでもらえればと思います(番号は地図上での連番)。ちなみに上の結婚式場は正確には19番「熱田神宮会館」になります。

http://www.atsutajingu.or.jp/jingu/about/keidai/

厳粛な杜に佇む対のクスノキ

reseizeこころの小路

reseizeこころの小路-樹勢良好

8番神楽殿の脇から続く小路を進むと、対のクスノキが見えてきます。このあたりは「こころの小路」と呼ばれる、境内でもより神聖な地域ということ。樹々が鬱蒼と茂りあたりは昼間なのに薄暗く、厳粛という雰囲気が漂っています。大きさは2番目になります。

reseizeこころの小路-枯れ死

reseizeこころの小路-枯れ死2

右側に見えるのが既に枯れ死してしまったクスノキ。一方、残ったクスノキはクスノキらしく枝葉を存分に空に向かって伸ばし元気そうでした。

reseize湧き水2

reseize湧き水

樹とは関係ありませんが、この場所には「清水社(4番)」という目の神様が祀られ、祭神は水をつかさどる神様とのこと。実際に社の奥には水が湧いている場所があり、この水で眼を洗うと眼がよくなり、肌を洗えば肌がきれいになること。さらに、奥に突き出た岩にひしゃくで3回水をかけると、願いごとがかなうそうです。

織田信長が奉納した土塀そばに2つ

reseizereseize1信長塀根元

reseize1信長塀1

桶狭間の戦いで勝利した織田信長が、必勝を祈願した同神社に、お礼として奉納したという土壁のそばに、2本クスノキが立っています。ちなみにこの土壁、土と石灰を油で練り固め瓦を厚く積み重ねたもので、「兵庫西宮神社の大練塀」「京都三十三間堂の太閤塀」とともに日本三大土塀の一つということです(14番)。

reseize信長塀2

reseize信長塀3

reseize信長塀4

残念ながら西側塀の端部分に立つクスノキは、近くまで行くことができず、遠くからの撮影となりました。

reseize2信長塀引き

reseize2信長塀

弘法大師が手植え

reseize3クスノキ2

reseize瘤

reseize杜な感じ

reseize3苔1

3番目に大きなクスノキが、もっとも有名だと言えるでしょう。理由は、参道そばの目立つ場所に立っているからかと。樹高21メートル、幹周り7.7メートル、推定樹齢は1000年とも言われ、「熱田神宮の大楠」と呼ばれ親しまれています(21番)。弘法大師が手植えしたとも伝えられていて、根元にはヘビが住んでいるとのこと。お供えしてある卵を食べに出てくる際、その姿が見られるそうです。

reseize熱田神宮 (97)

砂利が敷かれた広く長い参道。社殿の合間に生い茂る樹々。圧倒的な社殿の存在感など。東京・明治神宮と似ているな、という印象を持ちました。ただ、数字からもわかるように、明治神宮ほどは広くありません(明治神宮の広さは70ヘクタール)。参拝者も、それほど多くない。都会の喧騒から離れ、少し落ち着きたいとき、あるいは散歩したいときなど……名古屋市民は訪れているのだろうな、そんなことを考えました。

※もう1本のクスノキは見つけられませんでした。そのため6本のみの紹介となります(本当はもう1本、全部で7本あるそうです)。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です