乗蓮寺のスダジイ(愛知県刈谷市)

Pocket

reseize全景

reseize駅

reseize駅前ロータリー

名鉄本線・富士松駅で降り、交番を右手に駅前ロータリーを歩いていくと、数分の場所に目指すお寺はあります。

寺の詳しいことはわかりませんが、あたりは古い民家が立ち並び、喧嘩はまったくなく、駅前ということを忘れてしまうほどでした。

reseize山門

reseize山門をくぐった様子

スダジイは山門をくぐった左手、墓地との堺に囲いで保護され立っています。真夏だというのに枯れが目立ち葉の緑色もくすんでいたり斑点模様だったりと、一目見ただけで、樹勢があまりよくないことがわかります。幹には焼けのような跡も見られました。

reseize案内板

reseize焼け跡?

reseize傷んだ葉の様子

根元を見ると、完全に2つの幹に分かれています。その脇には以前は3本あったのでしょうか、2本と同じくらいの太さの枯れた幹が置かれていました。

reseize2つの幹と枯れ

reseize寄り

reseize支柱と折れ

支柱に支えられた枝葉を見上げると、折れを手入れした跡が見られ、保護されていることがわかります。

案内板がないため正確な数字はわかりませんが、樹高約10メートル、幹周り約6.1メートル、推定樹齢は800年とも伝えられていて、市の天然記念物となっています。

reseize裏(墓地)からのカット

reseize苔の様子

寺の境内とは反対側の日陰となる墓地側から樹を見ると、あまり好ましくない感じで苔がびっしりと生え、空洞も見られます。

しかし、これまで紹介してきたスダジイ(シイノキ)の多くも、枯れや折れなどが目立つ状態でありながらも数百年を生きてなお、立ち続けるという巨樹が少なくありません。

浄蓮寺もスタジイも、同じような歩みを辿ることを願うばかりです。

reseize石像

reseize石像アップ

さて、樹の根元には、どこかで見たことのあようなる石像が……。腰が曲がったような風貌は、まるで樹の代弁者として「まだまだのんびり生きていくよ」と訪れる者に話しかけているようにも思えました。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です