「高水三山」登山後、「澤乃井」小澤酒造を訪れる

Pocket

reseize2013GW高水三山登山 (141)

reseize澤乃井トップ画像

「高水三山」とは、「高水山(たかみずさん759m)」「岩茸石山(いわたけいしやま793.3m)」「惣岳山(そうがくさん756m)」の3つの連なる山を言います。

登山コースはいくつかあるようですが、今回通ったルートは次のとおり。2013年5月3日に登りました。

reseizeルート

約4時間の道のり、1000mに満たない標高からもわかるように、初心者でも気軽に登れる山です。でも、実際に登ってみると急斜面もあり、じゅうぶん楽しめるコースでした。

地図では御岳駅がゴールとなっていますが、今回のルートでは沢井駅方面に向かい、「澤乃井」の酒蔵、小澤酒造をゴールとしました(赤ペン参照)。

■高水三山ルート
JR青梅線・軍畑駅(いくさばたえき)→高源寺→常福院→高水山山頂→岩茸石山山頂→惣岳山山頂(青渭神社(あおいじんじゃ))→「澤乃井」酒蔵(小澤酒造)。

軍畑駅前には、トイレ、売店などがあります。必要であれば済ませましょう。案内板に従い、小さな踏切を超えて、いざスタートです。

reseize2013GW高水三山登山 (15)

reseize2013GW高水三山登山 (14)
軍畑駅出発9:35

駅前の踏切を渡って進むと、舗装道がしばらく続きます。これがけっこうな上り坂で、意外とキツい。舗装道ですがあたりは山の麓。天然の藤が咲いていました。

reseize2013GW高水三山登山 (26)

reseize2013GW高水三山登山 (35)

reseize2013GW高水三山登山 (36)

平溝橋が分岐点になります。案内板に従い、左に進みます。

reseize2013GW高水三山登山 (37)

reseize2013GW高水三山登山 (46)
高原寺着10:07(5分ほど休憩)

来た道を振り返ると、けっこうな急斜面を登ってきたことがわかります。さて、ここから本格的な登山道。他の山でもよくあるように、登り始めの急坂は、まだまだ続きます。

reseize2013GW高水三山登山 (49)

reseize2013GW高水三山登山 (54)

しばらく歩くと、樹々が生い茂った山道になります。

reseize2013GW高水三山登山 (70)

reseize2013GW高水三山登山 (74)

道はかなり整備されていて、むかしながらの案内板「丁石(ちょういし)」が所々にあります。

reseize2013GW高水三山登山 (71)

reseize2013GW高水三山登山 (91)

沢を渡るちょっとした橋もあります。時折、樹々がなくなり視界が広けると、遠く都内の「東京スカイツリー」が、うっすらとですが見えました。

reseize2013GW高水三山登山 (110)

reseize2013GW高水三山登山 (113)
常福院着11:15(10分ほど休憩)

reseize2013GW高水三山登山 (115)

思わず頭を撫でたくなるような、まるでペットのような愛らしい上目遣いの狛犬が迎えてくれます。ここから10分ほど登ると最初の山、高水山山頂に着きます。

reseize2013GW高水三山登山 (130)

岩茸石山に向かう道のりは眺望が抜群。多くの登山者が足を止めて写真を撮っていました。

reseize2013GW高水三山登山 (137)

reseize2013GW高水三山登山 (139)

岩茸石山山頂までもう少しという所で、岩が所々出ている、メッチャ急な斜面が待ち構えていました。

reseize2013GW高水三山登山 (146)

山頂の眺望です。トーンのちがうグリーンが幻想的な配色を生み出し、藤の紫が所々に点在。こんな景色を見ながらのランチは、そりゃあ、まいう~でした。

reseize2013GW高水三山登山 (154)
岩茸石山山頂12:00着 ランチタイム 12:50出発

惣岳山に向かう道のりは、最初に急な下りがくるので注意しましょう。その後は平坦な道が続きます。

reseize2013GW高水三山登山 (156)

reseize2013GW高水三山登山 (160)

と、思いきや。惣岳山山頂の直前にも、さっきの岩茸石山と同じく、補助ロープが設けられているほど急な、試練の岩壁が待ち構えていました。

reseize2013GW高水三山登山 (180)

reseize2013GW高水三山登山 (183)
惣岳山山頂13:40

ここからゴールまでは下りが続きます。青渭神社のご神木がありました。

reseize2013GW高水三山登山 (190)

reseize2013GW高水三山登山 (193)

予定では、惣岳山山頂付近から沢井駅へのルートを行くはずでしたが、道が見つからず。「まあ、どっかで分岐が出てくるだろう」と思いながら御岳駅までのルートを進むと、これが全然(苦笑)。

結局、かなり下った十字路まで御岳駅方面のルートを進むことに。この十字路を左折し、ゴールである小澤酒造に向かいました。そのため、30分ほど時間をロスした印象です。

reseize2013GW高水三山登山 (202)
小澤酒造 「澤乃井」酒蔵 14:50

reseize2013GW高水三山登山 (221)

reseize2013GW高水三山登山 (223)

小澤酒造で酒蔵見学をすると試飲ができ、見学も試飲も無料。この日出された日本酒は、初夏らしいスッキリとした純米酒。「登山後はビールだろう」と思っていた僕ですが、いやいや、ぜんぜん、どうして。登山の疲れが癒されるように、スット体内に吸収されるような優しい味で、おかわりしちゃいました(笑)。

reseize2013GW高水三山登山 (229)

reseize2013GW高水三山登山 (235)

reseize2013GW高水三山登山 (233)

reseize2013GW高水三山登山 (237)

小澤酒造には、日本酒づくりで使う「仕込水」を無料採取できる水場や、様々なタイプの「澤乃井」を試飲できる「利き酒スペース」があります。なんと、この仕込水、さっきまでいた高水三山の方から流れてきているとのこと。お酒がよりおいしく感じました。

さて、ここからは登山者ではなく、ただの飲兵衛です(笑)。澤乃井オリジナルのお猪口がついて200円~とウソみたいな価格。いろんなタイプの澤乃井を飲み比べていきました。あまりに安いので、つい大人買いを。なんとおかわりは100円引き。いやいや、朝からきて飲んだくれるのも楽しそうですね。

施設内は自由に行き来できます。川を眺めながら仲間と澤乃井を堪能――そんな贅沢がゴールには待っていました。

【感想】
ほぼ予定どおり、4時間ほどのルート。スティックは使いませんでしたが、次の日に疲れや痛みが残ることはありませんでした。ふだん体を動かしている人であれば、ほどよく汗をかく、気持ち良いコースだと思います。そういえば、トレイルランニングをしている人と何度かすれ違いました。

最後に僕の体力データを紹介します。登山の参考にしてください。

【体力データ】
年齢:39歳(男性)
スポーツ歴:高校時代はラグビー部。大学時代は、サーフィン、インラインスケートに没頭。その後しばらくブランクあり。
現在の体力レベル:約10キロメートルのランニング、2~3時間のフットサル・サッカーを週に1~2度。183センチ73キロ。

今回、青梅市観光協会のホームページがとても参考になりました。僕の説明でわかりづらい方は、こちらも参考にしてください。

http://www.omekanko.gr.jp/hiking/takamizusan/

山ガールを意識したコース紹介もありました。

http://www.yamagirl.net/guide/guide13.php

Pocket

“「高水三山」登山後、「澤乃井」小澤酒造を訪れる” への1件のコメント

  1. MK より:

    とても参考になりました。ありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です