石割桜(岩手県盛岡市)

Pocket

石割桜(いしわりざくら)の巨石を動かす生命力は圧巻です。

石の大きさと割れ目のバランス3

石割桜が立つ場所は、JR盛岡駅より歩くこと約20分、盛岡地方裁判所構内です。あたりにはオフィスビルなどが立ち並び、市の中心街という印象。途中渡る大きな川には、白鳥の姿がありました。

盛岡駅から石割桜に向かう道中の川と白鳥

車の往来が激しい大通りに面した裁判所の入り口そばに、雪吊りの化粧が見事な石割桜は立っています。

市街地に立つ様子

雪吊り

裁判所内に立つ様子2

なるほど――、石割桜というネーミングに納得です。

元々この場所は、盛岡藩の家老であった北家の屋敷であり、巨石は庭石であったそうです。石の大きさは、幅約7.5m、奥行き約3.7m、高さ約1.8m、周囲の長さ約21mと、まさしく巨石。豪華な屋敷であったことが想像できます。

さて、このサクラはエドヒガンという野生種で、石の割れ目に偶然種が落ち、そこから芽を出し、今に至るまでに成長したと伝えられています。割れ目ができた理由は、落雷ともいわれています。

エドヒガンはその名の通り、彼岸の頃に花を咲かせます。少し時期がズレてはいますが、例年4月中旬から下旬に開花し、白っぽい小さな花を咲かせるそうです。他のサクラに比べ早く咲くのが特長で、盛岡市内で最も早くサクラとして、毎年市民に春の訪れを伝えています。

樹の大きさは、樹高約11m、幹周り約4.6m、樹齢推定350~400年。枝張りが東西に約16m、南北に約17.1m。通りから見ると1本の樹に見えますが、横にまわると2つの幹であることがわかります。手前大通り側の幹が太く、幹周りの大きさは2つをあわせた大きさのようです。

石割桜と裁判所の位置関係

根本2つの幹の様子

樹を保護する藁の部分がちょうど割れ目で、一直線にスパっと端から端まで割れています。巨石を上から真っ二つに、大鉈でぶった切ったかのような印象を持ちました。しかし、これだけの細い割れ目にこんなにも立派な巨樹。いったい、割れ目の中がどうなっているのか、のぞいてみたいものです。

石の割れ目

さらに驚いたのは、サクラの成長につれて割れ目が広がっていること。そう、サクラが割れ目を押し広げ成長しているのです。そこで、実際に割れ目の大きさを測ろうとメジャーを持参したのですが、国の天然記念物指定を受けており、柵があり根元に近づくことはできませんでした。

巨石の土台と一体となったドッシリとした幹からは、まるで触手のように枝が伸びていて、サクラというよりはシイノキやクスノキという印象を持ちます。1932年(昭和7年)に同裁判所が火災に遭った際、石割桜も北側の一部が焼けたそうです。しかし、翌春には花を咲かせたのこと。割れ目を広げるパワーも含め、改めて生命力を感じます。

つぼみ

2月に訪れたので、あたりには雪が残っていました。しかし、梢を見ると小さいですが、つぼみが確認できました。ヒガンザクラは以前紹介したヤマザクラと同様、長寿として知られ、樹齢2000年を超える樹もあるとのこと。

これからもますます元気な姿で盛岡のシンボルとしてこの地に立ち、毎春咲く満開の桜で、市民の目を楽しませてくれることでしょう。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です