逆さ公孫樹(岩手県宮古市)

Pocket

岩手県宮古市、抜群のロケーションに立つイチョウの巨樹を紹介します。

宮古逆さ銀杏川側からの引き

目指すイチョウは、JR宮古駅の改札とは反対側にあるため、陸橋で線路を越えて歩いていきます。約10分、宮古第一中学校に着くと、イチョウの看板がありました。

宮古駅

宮古駅そばの陸橋

宮古逆さ銀杏の案内板

宮古逆さ銀杏が立つ中学校そばの鳥居

鳥居があるので、「神社に立つイチョウなのかな?」そんな気分で参道を歩いていくと、学校のそばにある神社のそれであり、イチョウとは関係ないようでした。

宮古逆さ銀杏付近のランドスケープ

本来であれば鳥居と学校は通過し、学校のグラウンドに沿ってそのまま歩いていくとイチョウはあります。グラウンドの前には川が流れています。

当所、場所が分からなかったため、学校でイチョウの場所を聞くことに。すると、親切丁寧にイチョウの場所を教えてくださり、また、校内を通ってもいいとのこと。おかげで、このような素晴らしいシチュエーションを見ることができました。ただ本来は、学校の中は通らない方がよいでしょうね(苦笑)。

宮古逆さ銀杏のグラウンドとの対比

学校側からの引き画像

イチョウが立つ場所は公園となっていて、樹の管理は市・学校どちからは曖昧とのこと。ですので、イチョウを訪れることはまったく問題ありません。

宮古逆さ銀杏と公園

遊具とイチョウ

都内の巨樹は多くがイチョウです。そして、これまで数多くのイチョウの巨樹を見てきました。しかし、今回のイチョウのようなシチュエーションは初めて。思わず「おおっ!」と感動の声がもれました。

近所の人たちのシンボルツリーとして親しまれてきたんだろうな、そんなことを思う雰囲気を持っています。しめ縄も、そのような地元住人の気持ちの表れではないでしょうか。

川側からの引き2

しめ縄

土の様子

樹高約15m、幹周り約15.3m、推定樹齢は300年以上。市の天然記念物指定ですが、柵などはなく樹に直接触れることができます。足元を見ると、よくある学校のふつうの砂。改めて、どんな環境でも育つイチョウの屈強さを感じました。

枝の迫力

乳

乳1

見上げれば、ものすごい数の枝です。葉が落ちている状態でこれだけの迫力ですから、夏場になったらどんなシルエットが見られるのか、もう一度見たいと思える樹でした。老木の特徴である乳(気根)もありました。

根本

宮古逆さ銀杏の焼け跡

2つの大きな幹が1つの樹を形づくっていて、その幹の間は通り抜けることができます。また、多くのイチョウの巨樹と同じく、数本の細い幹が集まってそれぞれの幹を成していました。おそくら、落雷やなにかの影響で何度も折れるなどを繰り返し、今の姿となったのでしょう。焼け跡もありました。

――余談
このイチョウにちなんだ「さかさ銀杏」というお菓子を、地元のお店で販売しています。
http://www.tsuchiya-honpo.jp/

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です