洞杉郡(富山県魚津市)

Pocket

立山連峰のふもと「片貝県定公園」には、樹齢500年以上という一風変わった洞杉が群生しています。

存在感のある洞杉のトップ画像

立山連峰北にある、毛勝三山(けかちさんざん)、僧ヶ岳(そうがだけ)の西側ふもとを南北に流れる、片貝川流域に広がる同公園は2290ヘクタールという広さで、標高は500~600m、サルやクマといった動物が暮らす自然豊かな環境です。しかし、市街地から十数キロというアクセスの良さから、観光スポットとしても人気を集めているようです。

市街地からバスが出ていますが本数が限られているため、車でのアクセスが便利。また、JR魚津駅前にある観光案内所でレンタルできる、電動自転車も便利です(半日300円~)。僕は迷わず自転車を選びました。

魚津駅前で借りた自転車

魚津駅前からの大通り

市街地から洞杉までの道のりは、ひたすら川沿いの路を南下するのみ。市街地を抜けると山が近づき景色は一変します。道の勾配も険しくなり、ペダルが重く感じるように。電動自転車のありがたみを感じますが、電動アシストの使いすぎにはご注意を。僕は最初から使いまくっていたので、途中で電池切れになりそうでした(苦笑)。

洞杉郡に向う道中

猿が出た路

途中、落差30mほどの沌滝(どんたき)、片貝川山ノ守キャンプ場、川原に大きな石がご転がる蛇石(龍石)という観光スポットを通過します。

沌滝案内板

蛇石案内板

龍石

途中、野生の猿に遭遇しました! しかし「野生の猿=キケン」というイメージを持っていたので、写真は撮らずにそのまま通過。特に、襲ってくるような雰囲気はありませんでした。

群生地付近はかなりの勾配のため、自転車よりも歩いた方が楽。また、自動車でのアクセスも制限されています。

乗り入れ禁止エリア②

さて、群生地である山を登っていくと、まずは対の洞杉が迎えてくれます。立山連峰に分布する立山杉(タテヤマスギ)と同じ種類だといわれる洞杉は、寒さや雪に強い特徴を持ち、一般的にイメージする真っ直ぐ天に伸びるスギとは異なる樹形をしています。

対の洞杉

対の洞杉寄り

雪の重さで枝が折れ、それでもなおそこから新しい枝を出し、天に向って伸び続けることを毎年繰り返した結果、このような姿になったといわれています。そのため中が空洞になっている樹も多く、それが洞杉の由来ということです。天に伸びる力を根元回りに使った、という印象を持ちました。

森の様子

洞杉が並んでいる様子

洞杉が並んでいる様子2

崖っぷちに立つ様子

岩に鎮座している洞杉

岩に鎮座している洞杉2

岩に鎮座している洞杉4

岩に鎮座している洞杉5

見事な枝張り

洞杉の数は約120本といわれていますが、山中に立つため正確ではありません。推定樹齢は500年以上、最大の樹の幹周りは約30m。これは4本の幹があわさった太さであり、最も太い幹の太さだけで約12mもあるんだとか。この数字は、僕が以前に紹介した中川の箒杉の幹周りと同じです。

樹によって樹形が異なるだけでなく、見る場所によっても雰囲気が変わるため、一本の樹をじっくりと眺めてしまいます。こんな感じで整備された山中を散策するうちに、いくつか共通する点を見つけました。

行きは登り坂のため、洞杉の群生地まで徒歩も入れて2時間ほどかかりました。そして散策に約1時間。しかし帰りは下りなのでペダルをこぐ必要がほとんどなく、行きの辛さがウソのように、さっそうと風をきって進みます。おそらく、30分ほどで自転車を借りた観光案内所がある駅まで着いたかと。レンタル自転車を利用する方は参考にしてください。

立山黒部アルペンルートの美女平エリアには、タテヤマスギの巨樹の群生が洞杉と同じく100数十本立ち、巨樹の森となっているそうです。次回は登山も兼ねて、こちらの巨樹を訪れてみたいと思います。

Pocket

“洞杉郡(富山県魚津市)” への6件のフィードバック

  1. 洞杉はすばらしいですが片貝川の水も綺麗だったでしょう。私は魚津の自転車は山の守キャンプ場から借り洞杉群まで行きました、もしかすると魚津市の自転車借りて洞杉群まで行ったことあるのは二人だけかも?

    • 杉山 忠義 より:

      ゆるゆるうんちさん、コメントありがとうございます。
      なんとも、ユニークなお名前ですね(笑)。
      さて、写真を見ました! 私も訪れた鳥居などがあり、何だか懐かしく思えましたよ。
      ただ、私が訪れた時期はそれほど水量が豊かでなかったため、特に川には惹かれませんでしたが……。
      しかし、ゆるゆるうんちさんの写真を見ると、ホント、エメラルド色!
      場所柄、雪解け水になるのでしょうね。 
      新幹線も開通することですし、機会があったら、そちら方面を訪れたいと思います。

  2. 杉山 正幸 より:

    あれ~ 同じ杉山姓じゃないですか。これはびっくり!
    機会があったら一度一緒に歩きませんか?
    それではご活躍をお祈りしています。

  3. 杉山 正幸 より:

    へ~ 富山県にこんなところがあったのか~
    富山県に住んでてまったく知らなかった。お恥ずかしい
    こんど協会のウオーキングのコースに入れることを検討しよう
    早速下見に行くとしよう。
    情報ありがとうございました。

    • >杉山 正幸さん
      コメント、ありがとうございます。

      そちらのホームページを拝見しました! 素敵な会ですね。

      そして「沢杉」という新たな情報を、逆に得ることができ嬉しく思います。

      そちらに行く機会がありましたら、色々と足を伸ばしてみますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です