奥多摩・日原山中 雲取山付近に立つ巨樹の数々

Pocket

東京・西多摩郡奥多摩町日原(にっぱら)にある、雲取山(くもとりやま)へ向かう山中に立つ数多くの巨樹をご紹介します。

これまで何度かご紹介してきましたように、奥多摩には数多くの巨樹があります。なかでも日原には特に多く、巨樹の里といわれています。

今回はその中でも東京・埼玉・山梨の境界に立ち、東京一の標高2017mを誇る、雲取山付近の巨樹にスポットを当てました。

山頂付近の光景②

最初の樹へのアクセスは、JR青梅線・奥多摩駅からバスで約30分。東日原バス停で下車し、日原鍾乳洞方面に15分ほど歩いた道路脇の両崖に立つ、水垂れのトチノキ(栃の木)と水垂れのモミノキ(樅の木)です。

水垂れのトチノキ入山口

水垂れトチノキキツいアクセス路

崖に立つ様子@水垂れトチノキ④

崖上にあるトチノキの様子

崖に立つ様子@水垂れトチノキ②

向かって右手の崖に立つのがトチノキで、樹高約23m、幹周り約5.3m、推定樹齢は200年とも500年ともいわれていますが、正確には不明です。道路脇から樹の根元までのアクセス路があるのですが、かなりの急斜面に立っているため、短いとはいえかなりハードです。

一方、向かって左手の崖に立つのがモミノキで、こちらへのアクセス路はないようでした。水垂れという肩書きの由来は、そばに湧き出る湧き水に由来しているようです。

モミノキ①

モミノキ②

水垂れモミ 引き

道を進み突き当たりを雲取山方面の左手に向かいます。林道を歩くこと約40分。右手の崖下に流れる川沿いに目指す巨樹は立っています。

ガニ沢カツラへの道

ガニ沢カツラ②

ガニ沢カツラ③

樹高約31m、幹周り約7.1m(樹齢は不明)のガニ沢出会いのカツラ(桂)が、川沿いにある巨岩の上に鎮座するように堂々と立っています。

日原川とガニ沢が合流する地点にあるため、このようなユニークな名前がついたのこと。真夏の強い太陽の日差し、豊富な水量を誇る川の水、生命力を感じる葉の淡い緑、これらのバランスが絶妙で、川の水で精気を潤すと共にしばしその心地よさに浸りました。

雲取山方面に向かい日原林道を進むこと約1時間20分。大ダワという林道の分岐点に着きます。ここから林道を下ること約30分。長沢谷(ながさわだに)という沢が流れる山間の谷底そばに、目指す2本の巨樹はあります。

長沢谷のカツラ①

長沢谷のカツラ④

長沢谷のカツラ②

長沢谷のカツラ③

沢から林道を少し登ったわりと広けた場所に立つのが、樹高約25m、幹周り約6.1m、推定樹齢約300年の長沢谷のカツラです。先ほどのカツラもそうですが、カツラという樹は渓流そばを好んで育つそうです。

長沢谷のミズナラ③

長沢谷のミズナラ:倒木②

reseize長沢谷のミズナラ:倒木

長沢谷のミズナラ④

さらに林道を登ること数分、樹高約15m、幹周り約6.4m(現在はそれほどありません)、推定樹齢約400年の長沢谷のミズナラ(水楢)が、急斜面の林道にまるでゲートように斜めに立っています。

ただ残念なことに、3本ある大枝のうちの麓・沢側の1本が、数年前の台風の影響で折れてしまい、そばにはその折れた大きな枝が横たわっていました。しかし見あげれば、元気そうな葉っぱがたくさん。樹勢は良好のようです。

山頂付近のアララギ②

山頂付近のアララギ④

山頂付近のアララギ:ネット

山頂付近のアララギ③

最後に紹介するのが、雲取山山頂から雲取山山荘方面に下ること40分ほど、先に紹介した大ダワ林道終点近く、尾根を挟む樹の反対側は埼玉県という場所に立つ、雲取山大ダワのアララギ(イチイ(櫟、一位)とも言います)です。1800m前後という標高に立つ巨樹ということで、全国的にも珍しいようです。樹高約20m、幹周り約4.4m、推定樹齢約600年。樹表は以前ご紹介した倉沢のヒノキに似た感じで、優しい表情をしていました。

林道を塞ぐように立っていて、根元には鹿が皮を食べないための対策ネットが巻いてあります。

山の様子

見晴らしの良い場所に立ち緑一色に覆われた奥多摩の山々を眺めると、まだまだ私たちの知らない巨樹が、このどこかで成長しているんだろうな、そんなことを考えました(文と写真:杉山忠義)。

注意:大ダワ林道は中央付近で崩落があり、現在通行禁止となっています。今回紹介した巨樹は分岐点からそれぞれ近いためそれほど危険なルートではありませんが、くれぐれも先への通行は自粛ください。また、雲取山への登山は基本的に日帰りが難しく、山頂付近の山荘もしくは山小屋に泊まるなど、訪れる際には事前の入念な準備・計画が必要です。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です