奥多摩町 古里駅・川井駅付近に立つ3本のイヌグス

Pocket

みなさん、こんにちは。今回は、奥多摩を走るJR青梅線の、古里駅(こりえき)、川井駅(かわいえき)周辺に立つ3本のイヌグスをご紹介します。

イヌグスと聞いても、あまり馴染みのない樹だと思いますので簡単にご説明を。日本各地の暖かい場所に分布するクスノキ科の常緑高木で、パッと見はこれまで何度かご紹介しているクスノキと似ています。アボガドの樹と近縁とのことで、果実の味が似ているともいわれています。

イヌグスの葉

古里駅から奥多摩駅方面に歩くことおよそ10分、春日神社に立つ古里附(こりつき)のイヌグスがあります。車の往来が激しい国道411号と線路に挟まれた狭い場所に窮屈そうに立っていて、樹を祀るために建てられた神社のような印象を持ちます。

古里附のイヌグス外観2

古里附のイヌグス外観1

古里附のイヌグス上部が折れた外観2

樹の生育には決してよいとは言えない環境のためか、それとも推定600年という樹齢のためか、根本付近の幹は枯れが目立ち、地上数m付近で大きく2つの幹に分かれているのですが、道路側の幹は既に枯死しているようです。

以前は23mあったという樹高も現在は幹上部が欠落したために15mほど。しかし8mを超える幹の太さは全国でも有数のタブノキで、東京都天然記念物に指定されています。また、線路側の幹から伸びた枝の樹勢は良好のようで、線路にまで届いてしまいそうな勢いを感じました。

線路にまで枝が伸びる様子

古里附のイヌグス 枝が伸びた様子

古里附のイヌグス 樹勢良好な様子

2本目の樹は古里駅の北側、駅からも見える200mほどの距離にある、線路沿い民家の敷地斜面に立つ小丹波(こたば)のイヌグスです。

小丹波のイヌグス 古里駅から見える様子

小丹波のイヌグス 所有者の裏山にある様子

小丹波のイヌグス 引き外観

推定樹齢300年、樹高約25m、幹周り約4.6mで奥多摩町の指定天然記念物です。日当たりが良くあたりは竹林や畑が広がり、落ち葉が敷き詰められた散策路も設けられ、整備された環境であると同時に大切にされている樹だということが窺えます。樹の所有者宅にお話を伺うと開村祝いに植えられた、というエピソードが伝わっているとのことでした。

小丹波のイヌグス アクセス路

小丹波のイヌグス 散策路2

小丹波のイヌグス 散策路の落ち葉

小丹波のイヌグス 斜面に立つ様子1

小丹波のイヌグス 斜面に立つ様子3

古里附のイヌグス 下からのアングル

3本目の梅沢のイヌグスは、1つ上った川井駅から徒歩10分ほどの山の斜面に立っています。アクセスには宝珠庵というお寺の裏を回りこんでいきます。

これまでの2本と違い鬱蒼とした山の中に立っていて、樹のまわりを巨大なスズメバチなど無数の昆虫が飛び交っています。人を寄せ付けない独特の雰囲気が漂っていて、森の主のような感じさえ覚えます。里側に向かって何本も長く伸びた触手のような枝も、さらにそのような雰囲気を増長させています。

森の斜面に立つ様子

梅沢のイヌグス広角 迫力ある根1

梅沢のイヌグス 森の主の風格を

このような雰囲気の影響でしょうか、樹高約18m、幹周り約6mという数字以上に大きく感じます(樹齢は不明です)。樹勢は良好のようで、熱帯地域の樹に見られる板根(ばんこん)が確認でき、冒頭に書いた暖かい地方を好む樹であることが窺えます。奥多摩町指定の天然記念物となっています。

梅沢のイヌグス広角 迫力ある根2

梅沢のイヌグス広角 祠

麓に住む樹の所有者宅にお話を伺うと、代々この樹を神様として祀ってきたとのこと。毎年交換する加護のお守りなどを樹の根本に置いているとのことで、実際に確認もできました。もちろんこの習わしは所有者家族のみが行っています。さらにこの樹も村の開村記念に植えられたのでは、というエピソードが伝わっているとのことでした。

数百年前に地域の発展を祝して植えられた樹が大きく育ち、今では神様として大切に祀られている――。なんだか神妙な気分になりました。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です