霞ヶ城公園の巨樹に中近世の歴史を感じる

Pocket

中近世の歴史を感じる霞ヶ城公園に立つマツ

みなさん、こんにちは。今回は、福島県二本松市にある県立霞ヶ城公園(かすみがじょうこうえん)のアカマツをご紹介します。

城外観

同公園はその名から分かるように、城の跡地を利用して整備された公園です。城の起源は諸説あるそうですが応永21年(1414年)、当時勢力を誇っていた武家・畠山満泰(はたけやまみつやす)が居城として築城といわれています。

140年後に伊達政宗により落城すると、その後は様々な権力者の手に渡り、寛永20年(1643年)に二本松藩が誕生したのをきっかけに、丹羽氏の居城に。城下町も整備され江戸・明治まで220年に渡り繁栄します。

ところが慶応4年(1868年)、戊辰戦争によりすべてを焼失。その後は地場産業の工場として活用された後、現在の公園になったという歩みです。公園として市内一の広さを誇る敷地内には、滝、池、藤棚、推定樹齢350~400年のイロハカエデなど見所が満載。桜の名所としても広く知られ、日本さくら名所100選にも選ばれています。

元々は二本松城と呼ばれていましたが、春に咲く園内約4500本の桜を天守台から見ると、まるで霞がかかっているかのごとく見える様から、現在の名前になったそうです。

滝

池

藤棚

イロハカエデ

1991年の発掘調査をきっかけに石垣の修築・復元工事が行われ、現在のような姿に修復されました。2007年には国の史跡に指定されています。

標高345mの丘陵・白旗が峰に築かれた平山城(ひらやまじろ)というタイプの城ということで、最寄り駅であるJR東北本線・二本松駅から向かうと、坂道のアップダウンが続くかなりハードな道中。燦々と照りつける太陽の下、したたる汗を拭きながら歩くこと15分、シンボル的な箕輪門に到着します。

急坂

箕輪門外観

箕輪門を抜けたすぐ左側の石垣上に立っているのが「箕輪門のアカマツ」です。

懸崖の様子

懸崖から見える箕輪門

箕輪門のアカマツ2

樹は5本あり、推定樹齢は350年、樹高は9~12m、幹周りが約2~2.5mで、石垣とマツの調和が見事です。以前ご紹介しました多摩川沿いにある阿蘇神社のシイと同じく、根本から下に枝葉が垂れ下がった懸崖(けんがい)が特徴的でした。日当たりも良く樹勢は良好のようです。

箕輪門のアカマツ1

アカマツの脇にある石段を登り城内を西に進むと、丘陵斜面に立つ傘松が見えてきます。推定樹齢300年、樹高約4.5m、幹周り約3.9m、地面から約1.6mの高さで枝が3つに分かれ、そこから約14mも広がった枝の様相はまさに“傘”そのもの。樹勢は良好で市の天然記念物指定を受けています。形は異なりますがこちらも箕輪門と同じアカマツです。

傘松引き

傘松外観3

下から見上げた様子

支柱の多さ2

根の太い様子

幹と張り伸びた枝の様子

まわりの道

快適な歩き心地のウッドチップが敷き詰められた散歩道が、樹のまわりにぐるりと設けられていて、それぞれの場所で違う趣を堪能できます。

場所によってはまるで円盤型のUFOの様。伸びた枝を支えるための支柱・竹が無数に設置されているのが、丘陵下の方からだとよく分かります。これだけの枝を張り伸ばしているだけあって、さすがに幹の太さは立派です。

傘松は別名“八千代の松”とも呼ばれていますが、その理由は分かりませんでした。

次回は桜が見所を迎える春、あるいは藤の花が満開になる初夏の頃に再訪したいと思います。

注意:東日本大震災の影響で一部の石垣が崩れ、立ち入り禁止になっている個所があります(2012年7月時点)。訪れる際は事前にご確認ください。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です