子どもの成長を見守り続けてきた光源寺の地蔵ケヤキ

Pocket

みなさん、こんにちは。今回は、茨城県取手市下高井の高源寺(こうげんじ)に立つ、地蔵ケヤキ(欅)をご紹介します。

関東鉄道常総線・稲戸井駅(いなといえき)より、北に歩くこと20分ほどのところにある同寺は、地域に数々のエピソードが残る、平将門により承平元年(931年)に創建されたといわれています。

地蔵ケヤキは、境内に入る前から分かるほどの大きさで、山門から本堂に向かって左側、樹の根を保護するために設けられた柵に囲まれ、どっしりと他の2本の巨樹と並んで立っています(最奥がケヤキで、他は2本ともスダジイです)。

3本の樹の様子

門との位置関係

今から約370年前、本堂が火災に遭った際に飛び火がケヤキにも移り、幹が焼け現在のような根本から約7mの高さまで残る、空洞が生じたといわれています。

ケヤキとくぐり抜け穴の様子

ケヤキとくぐり抜け穴の様子②

柵に沿って歩き、山門とは反対側へ向かうと、空洞の様子がはっきりと分かり、まるで外皮だけ残っているような印象を受けました。地蔵ケヤキの由来であるお地蔵さまが、まるで空洞を祠のように祀ってあります。

このお地蔵様、お寺の方に伺っても「いつだれが祀ったかは分からない」とのこと。しかしお地蔵様は子どもを守る存在ですから、いつの頃から自然と、子育て、安産を願う女性が多く訪れる信仰のスポットになったようです。奥に見える穴をくぐり抜けると、よりご利益が得られるというエピソードも生まれました(現在は、根本への立ち入りはできません)。

以前ご紹介しました、影向の松、倉沢のヒノキなどと並んで、全国各地の象徴的な巨樹を選出する「新日本名木100選」に、1990年に選出されます。その結果、今では女性に限らず大勢の方が訪れる巨樹として親しまれています。

樹齢は約1600年、樹高は約15m、幹周りは約10mで、常陸太田市にある若宮八幡宮のケヤキと共に県内最大級のケヤキで、県の天然記念物指定を受けています。幹が太いわりに樹高がそれほど高くないのは、これまで紹介してきました、火災に遭った樹独特の樹形の特徴でしょう。

一時は樹勢が衰えたそうですが、お檀家さんのなかに樹木医がおられ、その方のアドバイスにより先述した根を保護するための柵が、1995年に設けられました。

本堂から山門に向かって

――それから15年余り。今では元気を取り戻し、新緑の頃、鮮やかな枝葉を存分に伸ばしていました。

樹勢が良好な様子

新緑の様子

訪れた時は、小雨が降る夕刻という風情。「ゴーン、ゴーン」と、樹のそばにある鐘が太く重みのある音を響かせるなか、新緑の葉かから垂れ落ちる雫を眺めていると、なんだか神妙な気分になりました……。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です