忠臣蔵の舞台に立つ旧細川邸のシイ

Pocket

みなさん、こんにちは。今回は、東京都港区の歴史的なスポット、旧細川邸に立つシイをご紹介します。

旧細川邸とは、肥後熊本藩細川家の下屋敷のことで、今から300年ほど前の元禄16年(1703年)2月4日、忠臣蔵のモデルとなった赤穂事件を起こした大石内蔵助良雄他17名が、切腹を命じられた場所です。

現在では東京都の史跡に指定、「忠烈の跡(ちゅうれつのあと)」と呼ばれるその場所から徒歩5分のほどの位置に、目指すシイは立っています。

最寄り駅は、都営地下鉄・三田線と東京メトロ・南北線が乗り入れる白金高輪駅で、以前ご紹介しました善福寺の「逆さイチョウ」からも約1.6㎞という距離です。

高輪支所

丘の上に立つ様子

丘の上に立つ様子②

地下鉄を降り、一番出口で地上へ抜けると、そこは区の高輪地区総合支所の施設が丘陵に面して建っています。目指すシイはその丘の上、同じく駅前にある中学校を見下ろすように、切り立った崖沿いにありました。

まわりをアスファルトでかためられた様子

外観②

状態があまり芳しくない樹だと聞いていました。――たしかに、都会のど真ん中ということで、まわりをアスファルトに囲まれている厳しい環境下です。しかし、思ったよりも元気という印象です。ただ、これまでご紹介してきたいくつかのシイとは違い、まるで何かに天から抑えつけられているような、ずんぐりむっくりとした姿が印象的で、違和感を覚えたのも事実です。

それでも他のシイと同じように、無数の枝葉を千手観音のように存分に伸ばす、シイ独特の樹勢は伝わってきました。

主幹を取り囲む様子

主幹を取り囲む様子②

このようなユニークな樹形となったのには、主幹の枯れが進んだことが原因だと思われます。主幹には大きな空洞や焼け焦げた跡があり、かなりのダメージを受けていることが分かります(戦災、あるいは落雷の影響だといわれています)。

主幹のくたびれた様子

手術の跡

しかし、昭和56年(1981年)の大規模な治療以降は、除々に樹勢が回復。現在では、ヒコバエとまではいかなくとも、主幹を補うようにぐるりと他の幹が弱った主幹を取り囲み、主幹に代わりに必死に栄養を得ようとがんばっている様子が伝わってきます。そしてその努力が、このような独特の見栄えを形作っていることも。根まわりには、土に酸素や栄養を送るための筒がありました(港区がケアを行っています)。

ケアの様子

樹高約10.8m、幹周り約8.1m、推定樹齢300年以上で、東京都の指定天然記念物になっており、都内でも最大級の部類に入るシイです。

日当たりがいい様子②

外観

中学校側が崖となっているため、日当たりや風通しは抜群。前の道路は住人の生活路となっているようで、犬の散歩や通学中の学生で賑わっていました。これからもますます回復して、さらに元気な姿を見せてくれることでしょう。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です