玉川上水起点そば 蘇神社のシイと羽村橋のケヤキ

Pocket

みなさん、こんにちは。今回は、東京都羽村市の多摩川沿いにある、阿蘇神社のシイ(椎)と、羽村橋のケヤキ(欅)をご紹介します。

JR青梅線・小作駅または羽村駅より、徒歩約20分の距離にある阿蘇神社は、推古天皇9年(601年)に創建された由緒ある市内最古の神社で、特に武士から愛されてきました。

平将門が933年に、940年には藤原秀郷がそれぞれ社殿を造営。その際に、藤原秀郷がシイを手植えしたとされています。

その後も小田原北条氏や徳川家代々将軍が馬場や土地を寄進するなど、社殿はその後30回ほど造営・修造され、現在の社殿は東京都指定有形文化財です。

社殿引き

シイは社殿に向かって左側、多摩川沿いに設けられた高さ10数mの石壁と社殿の間にあります。

社殿と崖に挟まれている様子②

樹高約18m、幹周り約6.2m。東京都指定天然記念物で、先のエピソードが正しければ、樹齢1000年以上ということになります。

全体像

幹の太さを

神社にある巨樹の多くは、社殿などを痛めないようにと、枝が伐採されているのが一般的です。しかしこの樹は、台風の影響で大枝が折れていたり、支柱の助けを借りたりはしていますが、樹勢は良好。というよりも、自由奔放に育っているという印象で、社殿側だけでなく、川側には河原に届きそうなほど、勢い良く枝葉を伸ばしています。

枝葉が屋根にまで伸びている様子②

枝葉が屋根にまで伸びている様子①

河原からの様子

枝の先端が根よりも下に垂れ下がっている様子を、盆栽では懸崖(けんがい)と呼ぶそうで、断崖絶壁で育つ樹々の生命力や自然の厳しさを表現するとのこと。――まさに、そのままの樹だと思いました。

懸崖の様子①

懸崖の様子②

ただ、あまりの大きさからこの場所では窮屈なのでは、という印象を持ちます。実際、根回りの土がかなり盛り上がっているのは、その影響でしょう。

老木ということもあり、現在は、東京都、羽村市、神社で協力して樹のケアにあたっているとのこと。根回りには、乾燥時に水を撒くためのパイプがありました。

水パイプ

*******

南参道①

南参道②

川沿いの道

川沿いと並行する阿蘇神社の南参道を南下し、散歩やランニングを楽しむ方たちとすれ違いながら歩くこと約10分、玉川上水の起点、羽村取水堰に着きます。

羽村堰

羽村橋のケヤキへはここから数分、玉川上水と並行して走る奥多摩街道沿いの、一般住宅敷地内崖中段に、へばりつく様に立っています。

羽村橋の大ケヤキ引き②

羽村橋の大ケヤキ引き

街道沿いの崖に立つ様子を

タコ足の様子

樹高約23.5m、幹周り約5.5m、根の張り方が特徴的で、まるでタコの足の様です。幹と根の堺が分かりにくいためか、数字以上の幹の太さを感じました。樹齢は不明ですが、先のシイと同じく東京都指定天然記念物です。

枯渇した池

水が豊かな時期には根本あたりから湧き水が出るそうで、池もあり樹の生育の助けとなっているようです。残念ながら、取材当時日は渇水期のため確認できませんでした。

立橋の上から樹勢が良好の様子を

幹が折れていたり、コンクリートの治療跡が見られますが、根と同じくタコの足の様に縦横無尽に枝葉を伸ばし、その勢いは立橋にまで届くほど。樹勢は良好だと感じると共に、新緑の頃、たくさんの葉をつけた姿を再び見に訪れたいという気持ちになりました。

2つの樹が立つ多摩川周辺は、桜や竹林、ホタル養殖池などがあり自然豊かな地域。実は筆者の生まれ故郷もそばということで、幼い頃、父親と一緒にこの付近の川で釣りをしたことを思い出しながら、川沿いの散歩道を歩きました……。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です