雪吊りが見事な青梅・明白院の対のしだれ梅

Pocket

みなさん、こんにちは。今回は、東京都青梅市日向和田(ひなたわだ)にある、明白院(めいばくいん)のしだれ梅をご紹介します。

JR青梅線・宮ノ平(みやのひら)駅から徒歩5分の場所にある同寺は、昨年ご紹介しました、吉野梅郷・梅の公園まで近く、約2キロという距離です。

創建は天正(てんしょう)年間(1573年~1592年)の頃。地元有力者の館(城)から移築したとされ、安土桃山時代の趣が残る木造茅葺きの山門が特徴的で、市の有形文化財の指定を受けています。

山門

しだれ梅は、寺の前を走る青梅街道(国道411号)沿いに面した、石垣ひな壇の中段にあり、「玉垣しだれ」とも呼ばれ、歩行者やドライバーに存在感を示しています(玉垣とは神社仏閣の周囲に設けられた、木・石製の垣の意です)。

街道沿いに立つ様子

この街道は、全国的にも有名な市民マラソン大会・青梅マラソンのコースとなっており、例年大会が開催される頃が梅の見所で、ランナーの疲れを癒していることが想像できます。

しかし堂々というよりも上品という表現が適切でしょう。理由は、辺り一面に漂う心に安らぎを与える梅の香り――。自然と笑顔になりました。

花アップ

雪吊りも見事ですが、そばにある、松、山門とのコラボレーションも趣があります。

雪吊り

松、山門とのコラボ

「雪景色での梅の姿も見たい」という気持ちになりました。実際、年によっては梅が咲く頃の積雪があるそうです。木製の支柱、藁の留め具、雪吊りの仕事ぶりなど、樹をケアする方の愛情が、手入れの様子から伝わってきます。

幹が2つに枝分かれしている様子

今冬は寒さが厳しかったことから、例年、花が咲き出す2月20日に訪れた際には、梅の花はまったく咲いていませんでした。

ビフォー

しかし約1ヶ月後のお彼岸の頃に再び訪れると、満開のしだれ梅に。

メインショット

樹齢はおよそ100年、市の古木に指定されています。一見すると2本の樹に見えますが、近づくと根は1本で、地面から高さ1.5mほどで2本の幹に別れています。

幹が2つに枝分かれしている様子

樹の横に回ると、枝垂れの様子が見事。梢が地面についている枝もありました。

枝垂れている様子

梢が地面についている様子

ただ残念なことに、2009年以後、辺り一帯でプラムポックスウイルス(PPV)というウイルス性の植物の病気が発生しました。多くの梅の木が感染していることが分かり、明白院の梅の木もその1本でした。

病気感染している植物の果実を、人や動物が食べても影響は全くないそうですが、被害拡大を防ぐために感染していると分かった木は、随時伐採さてれているそうです。そしてこのしだれ梅も、近く伐採されるとのこと。毎年の開花を楽しみにしていた大勢の方が、最期の開花を観に同寺を訪れている姿がありました……。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です