古の頃より奥多摩・大丹羽の里を見守り続ける輪光院のツガ

Pocket

みなさん、こんにちは。今回は、東京・西多摩郡奥多摩町大丹羽(おおたば)にある、輪光院(りんこういん)のツガ(栂)をご紹介します。

ツガは、一般の方にはあまり馴染みのない樹だと思いますが、建材をはじめとして、船舶材、楽器などに利用されています。

以前ご紹介しましたモミの樹と外観が似ており、同じマツ科に属し、実際に山では混在して分布しているようです。

駅前交差点

樹へのアクセスは、JR青梅線・川井(かわい)駅から歩いて30分ほど。駅を降り、眼下を流れる多摩川を左手に、駅前の交差点を右折。多摩川の支流である大丹羽川沿いの道を上っていきます。

樹の眼下に広がる大丹羽川沿いには、昭和31年(1956年)に開所した大丹波川国際虹ます釣場があり、アクセスへの道標となってくれます。

川沿いの道

大丹羽川ニジマス釣り場案内板

本数は少ないですがバスも出ており、その際は北川橋バス停で降車すれば、樹まではバス停から歩いてわずか5分ほど。バス停を降りると、大丹羽川沿いに伸びる釣り場と共に、前の山の尾根に目指す樹の姿を望むことができます。

釣り堀

麓からの外観

一際樹高が高い様子

以前はツガの周りに人工林があったそうですが、現在は伐採されたために、里側斜面の地表がむき出しになっています。また、2011年末にはこの開けた場所を利用し、巨大なイルミネーションが点灯されました。

入山口

樹へのアクセス路

輪光院は桃山時代以前に創建された古刹ですが、正確な年代は不詳。現在は住職不在の無人寺となっていて、地元の方が管理しています。

しかし、お堂脇から樹への道が整備されていて案内板もあります。遠くからではそれほどの巨樹に見えなかったのですが、近くに行ってみるとどうして――。尾根先の崖にしっかりとゴツい根を張って立ち、眼下に広がる集落を一望する凛とした姿に、以前訪れた丹沢山中「中川の箒杉」を思い出しました。

崖に立つ様子③

崖に立つ様子②

樹に関する情報が少なく、樹齢に関しては分かりませんでした。そばに立つ案内板によれば、樹高約32m、幹周り約3.7mとのこと。古の頃より里に住む住人から親しまれ、神様の樹として崇められてきたというエピソードも、その真相ははっきりとしませんでした。

ただ、尾根に沿って伸びる重厚な根のそばに2つの小さな祠があること。樹の立つ位置がまさに眼下の集落を見守っているかのようであることなど、逸話が生まれたことに頷ける雰囲気が漂っていました。

祠

樹の根を保護する柵やサークルなどは特になく、そばまで寄ることができます。根元に立ち見上げれば、上に向かうほど樹皮の色が白っぽくなり、モミと似ていることが確認できます。

モミと類似している外観

葉の形状もモミと類似しているのですが、多くの枝葉が崖の先まで飛び出て成長しているため、はっきりとは確認できませんでした。樹勢は良好です。

葉の様子

祠には御神酒やお賽銭を供した跡があります。樹と祠に合掌し、帰路につきました。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です