歴史を感じる明治神宮外苑に立つ樹々の数々

Pocket

みなさん、こんにちは。今回は、東京都新宿・港区にまたがる、明治神宮外苑をご紹介します。

近代化への大きな飛躍期となった、明治時代を治めていた明治天皇およびその皇后、昭憲皇太后の御遺徳を後世に残そうと、明治神宮外苑は大正15年(1926年)に創建されました。「外苑」の意味は諸説ありますが、明治神宮(こちらを内苑と称します)の一部であり、区別するためというのが一般的です。

約27ヘクタールという敷地には、御二方の御事蹟が描かれた絵画80点が展示されている聖徳記念絵画館(せいとくきねんかいがかん)を中心に、ランナーが多く見られる円周道路が整備され、

周回路の様子

明治神宮野球場(通称神宮球場)、軟式球場、打撃練習場(バッティングドーム)、テニスコート、フットサルコート、アイススケート場、ゴルフ練習場などのスポーツ施設が多く集まっています(国立競技場および秩父宮ラグビー場は他の施設です)。

広さに加え都会に位置していることから、アクセスも抜群。JR中央・総武線では、信濃町駅および千駄ヶ谷駅から。地下鉄では、東京メトロ銀座線、東京メトロ半蔵門線、都営大江戸線が乗り入れる青山一丁目駅の他、外苑前駅や国立競技場駅からでもアクセスが可能で、どの駅からもでも徒歩数分、あるいは駅前という立地となっています。

いちょう並木 246側から

青山一丁目駅で降り、渋谷方面に青山通り(国道246号)を歩いていくと、右手に神宮外苑のシンボルともいえる、手入れの行き届いた146本のイチョウが魅せる「いちょう並木」が見えてきます。

いちょう並木 絵画館側から

並木のイチョウはすべて、以前ご紹介しました新宿御苑に立つイチョウの種子から育った樹で、明治神宮の内苑で育てられ、外苑の竣功に際し、大正12年(1923年)にこの地に植えられました。並木は4列で、歩道には黄色い天然のアーケードがかかっています。

並木の様子3

案内板には、イチョウは青山通りから絵画館にむかって、遠近法を利用するために樹高の高い順に植えられているとの記述が(最高28m、最低17m)。――その景観美に納得です。

苑内にはイチョウ以外にも、エピソードを持つ樹が幾つか立っています。

御観兵榎

外苑東通り側に立つ御観兵榎(ごかんべいえのき)は、外苑がまだ青山練兵場であった時代に、明治天皇がいつもこの場所で兵の凱旋を見守っていたというエピソードがあり、写真の樹はその子孫・二代目になります。

クスノキ

クスノキ枝ぶり

絵画館裏に立つクス(楠)は、明治天皇御大喪の際に、この場所に御轜車(ひつぎを乗せる車)を安置していたというエピソードが。

なんじゃもんじゃ

絵画館を囲むにように立つ木立の中にある「ヒトツバタゴ」は、別名「なんじゃもんじゃ」と呼ばれ、5月の頃になるとまるで雪を被ったかのような白い花を咲かせるそうです。幕末の頃からこの地に立ち、全国的にも珍しい種ですが、切られるおそれがあったことから、天然記念物の指定を。しかし残念なことに以前からある樹は昭和8年に枯死。写真の樹はその子孫・二代目になります(天然記念物指定は受けていません)。

シロマツ

シロマツ樹表

同じく貴重な種であるシロマツは、絵画館前の庭に広がる池の両側に、きちっと手入れされた見事な樹形で合計6本並び立ち、気品を漂わせています。調べると、原産国である中国を筆頭に世界各地で高貴な樹とされ、王宮や寺院に植えられているそうです。

ベンチといちょう並木

並木道にはベンチも用意されています。お気に入りの本や音楽を手に、休日にふらりと散歩してみてはいかがでしょう……。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です