史跡とのコラボが見事な広徳寺の巨樹

Pocket

みなさん、こんにちは。今回は、東京都あきる野市小和田にある広徳寺の、イチョウ、タラヨウ、カヤをご紹介します。

応安6年(1373年)に創建された同寺は、正式名称を臨済宗龍角山廣徳寺(りんざいしゅうりゅうかくざんこうとくじ)といい、茅葺屋根が見事な、総門、山門、本堂を中心した約4ヘクタールの広い境内は、東京都史跡に指定、仏像などの文化財も多くあります。

秋川を超える

寺までの道のりは、JR五日市線の終点・武蔵五日市駅から徒歩30分ほど。五日市盆地西側の山麓に位置しているため、寺は秋川渓谷を見渡すような高台に位置しています。

山門

本堂から見るイチョウ

総門をくぐり山門前に立つと、対のイチョウと落葉の見事な黄色が目に飛び込んできます。山門をくぐれば、そこは落葉したイチョウ葉の黄色いカーペットが一面に広がる絶景。葉の匂いが漂うほどの量でした。

イチョウ絨毯②

私が訪れた時はまさに落葉の最盛期。風が吹く度に多くの黄葉が“サワサワ”と音を立て舞い落ち、その光景はまるで映画のワンシーン。私だけでなく周りにいた方も皆、感嘆の声をもらしていました。

イチョウの葉が毎落ちてきた様子を

さらに、その光景を演出するかのような寺の鐘の音が聞こえてきた時には……。言葉に表せない風情を感じずにはいられませんでした。

それほどの巨樹ではないためか、特に指定は受けておらず、樹のサイズなどを示す案内板はありません。

しかし、参拝者を迎えるかのように参道を挟んで対に立っていること。以前ご紹介した善福寺「逆さイチョウ」のように、枝が垂れ下がっていること。幹が高い地点ほど太く、さらに突然主幹がなくなり、その様子がまるでコウモリがマントを広げたように見えることなど。特徴が多い樹ということで、人気を集めています。

主幹が途中で折れている様子を

異様な外観を

樹のシルエットだけ見ると、一般的な樹とはかなり違うことが分かります。

異様なシルエットを

気根や幹表面の様子から、かなりの老木であることが分かりますが、どちらの樹も銀杏をたくさんつけ(特に本堂に向かって右側の樹)、樹勢は良好のようです。

気根

銀杏たくさん②

本堂裏は散策路となっていて、カエデ類の黄葉が見事でした。ここから見るイチョウも趣があります。

裏山

裏山黄葉

裏山から見たイチョウ

この場所には、樹高約19m、幹周り約2.5m(樹齢不明)。都内最大のタラヨウ(多羅葉)が立っていて、枝張り約15mという元気な枝葉には、たくさんの赤い実がなっていました。

タラヨウと本堂

タラヨウの葉は大きく厚く、葉裏に先の尖ったもので字を書くと、その跡が黒く残るという特徴を持っています。そのため、古来には手紙として利用され、現在は郵便局のシンボルツリーとして親しまれています。

タラヨウ葉裏願い文字

同エピソードを知っている人が書いたのでしょう。同寺のタラヨウの葉裏にも、多くの文字が書かれていました。しかし、この樹は都の天然記念物指定を受けています。文字を書くのは控えましょう。

カヤから本堂を眺める

カヤ 外観

本堂脇のさら地のような場所には、樹高約24.5m、幹周り約5.4m(樹齢不明)。多摩地方最大のカヤがあり、こちらも都の天然記念物指定を受けています。

次回は落葉中ではなく、黄葉をたくさんつけたイチョウ、あるいは新緑と史跡とのコラボレーションといった別の光景を見に、寺を再訪したいと思います。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です