あきる野山中から住人を見守り続ける「山抱きの大カシ」

Pocket

みなさん、こんにちは。今回は、東京・あきる野市深沢の山中にある、「山抱きの大樫(やまだきのおおかし)」をご紹介します。

樹へのアクセスは、JR五日市線の終点・武蔵五日市駅より歩いて40分ほど(駅前にはレンタサイクルショップもあります)。整備された一般道ですが上りがずっと続くため、割りとハードな道のりを進みます。ただ、案内板がところどころに設置され、迷うことはありません。

急な上り坂の様子

案内板

深沢地区にある美術館のキャラクター、森の妖精ZiZi(ジージ)も案内してくれます。

かわいらしい案内板②

樹へ向かう山道は、以前は特に整備されていませんでした。その上、樹が急斜面に立っているため、地元住人以外の人たちにはあまり触れる機会はなく、知られてもいなかったそうです。

入山口②

しかし、深沢自治体やあきる野市が町おこしの一環として協力し、樹までの登山道を2010年に整備。おかげで今では10分ほど山を登れば、樹へアクセスできるようになりました。

竹林

竹林を過ぎ、急斜面を登っていくと、スギ林の間から大きな岩の上に、まるで鎮座しているかのようなカシが見えてきます。

スギの間から見える様子

山下からの外観

岩の上に乗っているような印象を

その姿は、まるで拍手(カシワデ)を開いたよう。あるいは、うちわをクロスしたような印象を持ちました。

柵

幹が2つに大きく分かれている様子

岩と樹のまわりには、危険防止および樹保護のための柵があり、その柵に沿って1周することができます。山頂側にまわってみると、幹周り約6.5mというたくましい根元が2つに別れ、それぞれの太い幹を形成し、その姿が拍手のように見えていることが分かりました。

崖に立っている様子を

集落を望む側はかなりの急斜面で、崖となっています。このような厳しい環境に立っていますが、ナンテンとのコラボレーションには心が和みました。

ナンテン

推定樹齢300年(樹高不明)、東京都の天然記念物指定となっている石灰岩をガッチリと掴んでいる様は、まさに「山抱き」という名にふさわしく「よくぞこのような厳しい場所に数百年も立っていた」と驚きと共に感心しました。

正確にはウラジロガシという種類で、その名のとおり、葉裏が白いのが特徴です。国内では温暖な地域を中心に広く分布し、もともとある森林・山林を形成していた木でしたが、人が山に入るようになってからはその数が減り、地域によっては準絶滅危惧種に指定されています。

しかし、眼下に見える地元住人から愛され、自由に育ってきたという印象が強いこのカシにいたっては、その心配は無用だと感じました。葉のみどりも鮮やかで、幹は伸び伸びと育ち、中には“くるり”と円を描いている枝も――。樹勢は良好です。

曲がった枝

枝葉が元気な様子

これからも、深沢集落のシンボルツリーとして、ずっとこの地で人々の暮らしを見守り続けることでしょう。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です