奥多摩登山者の道標として――。大楢峠のコナラ

Pocket

みなさん、こんにちは。今回は、東京・西多摩郡奥多摩町梅沢(うなざわ)の大楢峠(おおならとうげ)にある、コナラ(小楢)をご紹介します。

以前紹介しました「金袋山のミズナラ」と違い、今回取り上げるコナラは山中に立ってはいますが、4つの登山道が交わり、尾根が平らに開けた場所にあるため、多くの人目に触れてきました。

尾根の開けた様子3

そのため樹へのアクセス方法方も4通りあります。1つ目は、奥多摩町中心部の氷川から、三ツ釜の滝、ネジレノ滝、大滝がある梅沢園地経由。このルートはしっかりとした道路が整備されていて、4WD車であれば樹のそばまで訪れることができます。実際、私が訪れた時も車がありました。

登山案内板2

登山案内板

2つ目は、同じく奥多摩町の中心部からのルートですが登山道です。3つ目は、御岳山からのルート。私が選んだルートは、JR青梅線・鳩ノ巣(はとのす)駅で下車し、コナラを経由し先に書いた梅沢園地、海沢探勝路を経て、大岳山へ向かう登山ルートです。

駅からしばらくのあいだは舗装された道が続きますが、急に登山道に変わります。

コナラへ向かう鳩ノ巣からの山道

登山道中の案内板

その後は写真のような登山道を登ること約1時間半。それまでの狭く急な道が突然開け、平らな場所に出ます。

ベンチ

私は写真奥の麓から登ってきましたので、コナラは右側に、ベンチが左側に見えました。

根が盛り上がった様子

他の樹と根元でくっついている様子

根元から2本、別の樹が立っていたり、根がかなり盛り上がっていたりと、特徴の多い樹だと感じました。1本(モミ)の樹とは根元でまるで一体化しているかのようです。しかし同種の樹であれば癒着することがあるそうですが、異種ではないそうです。

樹のまわりには上述したミズナラと同じく、環境省の任意団体「全国巨樹・巨木林の会」のメンバーが設置した、樹の根を保護するためのサークルがあります。しかしミズナラのそれと違いそれほど大きくない石や枝でつくられているため、最初は気付きませんでした。訪れる方は、くれぐれも根元に入らないようご注意されてください。ちなみに私はそばに落ちていた枝を、サークルに加えておきました――。

サークルの様子

樹が傾いている西側の根元は弱っているように感じました。主幹も根元部分が空洞になっていて、向こう側が見えるほどです。

根元の弱った様子

専門家の診断によれば、根の3分2が機能していないんだとか。しかし推定樹齢500年、幹周り約4.5m、樹高約27mの堂々たる姿は風格が漂い、登山者の道標としての長い歩みを感じます。

風格のある雰囲気を

全国的にも数少ないコナラの巨樹ということで、まだまだ長生きしてもらいたいものです。

元気な枝葉の様子

ドングリ

見上げれば元気そうな緑色の葉をたくさんつけ、足元にはドングリがたくさん。今後もこの場所で、多くの登山者の安全を見守り続けることでしょう。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です