東京都最大級の巨樹、麻布山善福寺の逆さイチョウ

Pocket

みなさん、こんにちは。今回は、東京都元麻布にある麻布山善福寺(ぜんぷくじ)の逆さイチョウをご紹介します。

同寺へのアクセスは、東京メトロ南北線・都営大江戸線の麻布十番駅から徒歩10分。都内でも有数の高級住宅街として知られている、麻布十番にある商店街を通っていきます。

麻布十番街の街並み

外国人やセレブな雰囲気が漂う子供連れの母親の姿も見られ、住みやすい街という印象を持ちました。

弘法大師が、関東一円に真言宗を広めるために建てた寺の1つとして、同寺は天長元年(824年)に建立されました。しかし1232年に親鸞が寺を訪れたのをきっかけに、浄土真宗に改宗。以前紹介しました浅草・浅草寺についで、都内で2番目に長い約1200年の歴史を持ちます。そのため、鎌倉時代には亀山天皇の勅願寺(ちょくがんじ:皇室繁栄、国家の平和を願う格式高い寺という意味です)として、江戸時代末期には初代米国大使館公司の宿舎にもなった由緒ある寺で、福沢諭吉夫妻の墓所もあるほどです。

寺は斜面に位置していて、一般道から山門までは長い参道が続き、逆さイチョウはその参道から本堂に向かって左側にある墓地内に立っています。写真では、高層マンションの左下に写っています。

参道の様子

墓地に入ると大きな親鸞の像があり、親鸞から見て右側、位置的には山門のそば、墓地の端のほうに逆さイチョウは立っています。

親鸞像改

幹の上部は損なわれていて、天にスッと枝葉が伸びている様子はなく、数本の幹が密集し横に広がり、一本の太い樹を形作っているのが分かります。そのため、名前の由来にもなっているとおり、垂れ下がった状態(逆さ)や横に伸びている枝が多いのが特徴です。

イチョウ外観

幹が集まっている様子

しかしサイズたるや相当な迫力で、都内最大のイチョウというだけでなく、島を除く東京都で最大の樹であり、幹周りは10mを超えています。推定樹齢750年以上、樹高約20m、国の天然記念物指定となっています。

枝葉が元気な様子

元気な枝葉はそろそろ紅葉がはじまりそうな雰囲気でした。しかし樹の裏側(墓地中心部とは逆側です)に回ると、昭和20年の東京大空襲で受けた被害が痛々しく残っていました(当時は寺本堂も全焼したそうです)。

火災の跡

しかし、専門家が幹周りを測定したところ、現在でも成長しているとのこと。もしかしたら現在の幹周りは11mを超えているかもしれません。改めてイチョウという樹の生命力を感じました。

逆さイチョウにはいくつかの言い伝えがあり、「親鸞が地面に挿した杖から成長した」「乳の出がよくなるようにと、大きな気根を削る母親が大勢訪れた」などがあります。

気根の様子

墓地入り口の案内板にもありますが、断りなしでのイチョウの撮影はご遠慮くださいとのこと。訪れる際は必ず事前に寺務所にて許可・確認をとられてください。

九官鳥

余談ですが、寺務所前には3羽の九官鳥がいて、色々な言葉を話しかけてくれますよ。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です