奥多摩の山中にひっそりと800年。金袋山のミズナラ

Pocket

みなさん、こんにちは。今回は、東京・西多摩郡奥多摩町日原(にっぱら)の金袋山(きんたいさん)にある、ミズナラ(水楢)をご紹介します。

以前ご紹介しました、倉沢のヒノキでも触れましたように、山林が94%を占める奥多摩町には多くの巨樹があります。しかし深い山中に立つ樹もあり、広く知られていない場合があります。

今回ご紹介します金袋山のミズナラも、そんな樹の1つ。10年ほど前にメディアで紹介されたのを機に、一躍有名になりました。

奥多摩山林の様子

樹への道のりはJR青梅線の終点、奥多摩駅からバスに乗り約30分。観光スポットとしても有名な日原鍾乳洞バス停(終点)で下車し、そこから10分ほど歩いた場所にある一石神社の境内を抜けると、金袋山への入山口があります(入山口は他にもありますが、現在、神社より先の道は落石の影響で通行止めとなっています)。

一石神社

登山道入り口

登山道入り口②

「ここを本当に登るの?」と、登山をためらうような急斜面にびっくり。

登山道

でも、ポインで案内板やルートを示す木に巻かれたテープがあり、事前にしっかりと準備をしていれば、それほど迷うことはありません。

案内板

目印

とはいってもいざ山中に入ると、急な登りが数十分続き、かなりハードです。

石段

ところどころにある石段を頼りにしながら「いつ休憩しようか……」と考えていると、山中にもかかわらずベンチがあり、ホッと一息つくことができました。

休憩ベンチ

次第に傾斜は緩やかになり、スギやヒノキが植樹された個所もあります。

人工林の様子

休憩も含め登山開始から約2時間。山の中腹というのでしょうか、突然なだらかな台地が広がっています。

ミズナラ外観

すると、ミズナラの巨樹がここまで登ってきて苦労をねぎらい、迎えてくれるかのように目の前に表れました。

外観②

樹高約25m、幹周り約6.5m、推定樹齢約800年。全国的にみても数本の指に入るミズナラの巨樹ですが、特にサイズを示すような案内板はなく、県や国の指定も受けていません。

保護サークル

サークル

有名になってからは多くの来訪者があるということで、全国の巨樹を保護する活動している「全国巨樹・巨木林の会」のメンバーが中心となり、樹の根元に人が入らないようサークルを設置し、樹を保護しています。

恐竜の背中のような樹表の様子

樹齢に関しては、2006年に近くにあった同サイズのミズナラが倒伏し、その年輪を調べることで分かったとのこと。まるで恐竜の背中のようなゴツイ幹は、麓(ふもと)に向かって大きく傾きながら、枝葉をぐいぐいと伸ばし、まるで触手を伸ばしている何か違う生物のように感じました。

麓に向かって枝葉を伸ばしている様子

枝葉の様子

地面から近いキョリにあるコブも特長的で、以前はこの個所から太い枝が生えていたといわれています。

コブ

腰をおろし、のんびりと樹を眺めていると「ボサッ、ボサッ」となにやら物が落ちてくる音が。地面に目を向けると、

ドングリ

秋ということでドングリがたくさん。そばには金袋山のミズナラと同じ角度で傾く小振りのミズナラがありました(奥に写っているのが巨樹です)。

子孫?

この樹の樹表はまるで人の顔のような模様をしていて、とってもユーモラス。もしかすると、ミズナラの巨樹が落としたドングリから成長した子孫かもしれません。

コンパス

ミズナラの巨樹が立つ周辺はタワ尾根と呼ばれ、きちんと整備された登山道ではありませんし(正確には水源管理林の作業道です)、クマも出没するような地域。訪れる際には万全な事前の準備と装備が必須です。

Pocket

“奥多摩の山中にひっそりと800年。金袋山のミズナラ” への3件のフィードバック

  1. […] クスノキらしく、幹も枝葉も千手観音のように自由気ままに伸びているのですが、主幹が10mを超えるため、数本に分かれている幹も、それぞれがかなりの太さです。そのため、枝葉を伸ばしているというよりも、以前紹介した「金袋山のミズナラ」のように、まるで首長恐竜もしくは大蛇が、社殿や神社の壁に当たらないように、その首を伸ばしているようにも映ります。 […]

  2. […] 以前おとずれた金袋山のミズナラも、このような枝の伸び方をしていたことを思い出します。 […]

  3. 小竹千尋 より:

    あなたの内容はすばらしかった。勉强しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です