金平糖のような実がたくさん 祥應寺のコノテガシワ

Pocket

みなさん、こんにちは。今回は、東京都国分寺市にある祥應寺(しょうおうじ)のコノテガシワをご紹介します。

幹の様子を

同寺は祥応寺とも表記され、JR中央線、西武国分寺・多摩湖線の国分寺駅北口から徒歩10分の場所にあります。

もともとは平安時代に駅の南側に建てられた寺ですが、鎌倉時代末期の戦乱により消失します。その後地元住民の菩提寺として、享保11年(1726年)に引寺(ひきでら)というかたちで現在の場所に建立。同時に、紹介するコノテガシワも移植されたといわれています。

寺の跡地がある場所は、聖武天皇が全国に建立を命じた、国分寺および国分尼寺跡地と同じ地域。つまり、コノテガシワは国分寺建立当時に植えられた樹、あるいはその子孫とされ、大変貴重な存在といえます。

寺に向かう参道を歩き山門に近づくと、青い空と真っ白な雲のバックに浮き立つ、濃い緑色の枝葉が鮮やかなコノテガシワが見えてきます。

外観

外観2

樹は2本移植されますが、残念なことにその後1本は枯れてしまいます。しかしその枯れた樹の切り株を掘り起こし、1931年頃に地蔵を彫刻。地蔵の背中には樹齢600年という刻印が施されているそうですから、現存しているコノテガシワの推定樹齢は680年近くになると推定できます。

つまり、移植時に既に400年という樹齢であったと。当時はユニックやトラックといった専用車両はありませんから、いかに苦労してこの地に移植されたかが想像できます。

樹高12m、幹周り2.7m。コノテガシワとしては国内で2番目の大きさを誇り、市の天然記念物に指定されています。

さて、その地蔵ですが同寺の墓苑入り口に立ち、墓参りに訪れる者をひっそりと迎えています。

お地蔵さん

コノテガシワはヒノキ科の常緑樹であり、朝鮮・中国あたりが原産地といわれています。現地では年間を通して葉を落とさないその姿から、不変、長寿の象徴として親しまれ、特に宮殿・寺院の庭園に植えられてきた歴史があります。

樹のそばに座り、しばし目を閉じ静かに佇むと……そばにある池に流れ落ちる水音が心地よく聞こえ、まるでコノテガシワが歩んできた悠久の時間を共有しているような高貴な感覚を覚えました。

高貴な雰囲気を

コノテガシワというユニークな名前の由来は、たくさんの子どもの手が挙がっている姿に見えるからなんだとか。万葉集では「児手柏」と表記されています。

しかし同寺のコノテガシワは、金平糖のようなユーモラスな実をたくさんつけ、子どもの手は重そうに垂れています。落ちていた実を観察すると、中に種が確認できました。

樹勢が良好な様子

種

他のヒノキ科の植物と違い、枝葉の表裏の区別がないのも特長ということで、じっくりと観察し。すると、たしかに表裏の区別がつきません。加えて、ヤモリの指のようにも見えました。

枝葉の表
枝葉の表

枝葉の裏
枝葉の裏

コノテガシワはその樹冠(樹が枝葉をつけた際の外観)の良さから、街路樹や公園木として、さらには自宅観賞樹として人気があります。身の回りのコノテガシワを観察すれば、多くの金平糖が見つかるかもしれません。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です