丹沢湖そばに佇む「頼政神社のトチノキ」

Pocket

みなさん、こんにちは。今回は、神奈川県足柄上郡山北町神縄にある、頼政神社(よりまさじんじゃ)のトチノキ(栃の木)をご紹介します。

以前ご紹介しました中川の箒杉と同じく、自然豊かな丹沢山地に位置する同神社は、箒杉が丹沢湖に注ぐ北側・河内川(こうちがわ)沿いにあるのに対し、湖の南側に位置する三保ダム(みほダム)から流れ出る川沿いのそば、ひだまりの里というキャンプ場近くにあります。

神社外観

神社へのアクセスは、公共機関を利用する場合は、御殿場線・谷峨駅(やがえき)で下車しバスに乗り変え、神縄バス停から徒歩5分ほど。自家用車などを利用する場合は、東名高速道路・大井松田インターチェンジから国道246号線を丹沢湖方面に進み、ひだまりの里を目指します。

小じんまりとした神社ですが、訪れてすぐにはトチノキがどこにあるのか気づきませんでした。

本殿とトチノキ2

境内を見渡すと、趣が漂う本殿の裏にある山の斜面にへばりつくように、目指すトチノキは立っていました。

本殿裏の斜面に立つ様子3

斜面にへばりつく様子2

斜面にへばりつく様子

樹齢は約350年、樹高は約25m、幹周りは約4.7mで、神奈川県の指定天然記念物に指定されています。その他、中川の箒杉はもちろん、こちらも以前ご紹介しました、建長寺のビャクシンなどの巨樹が名を連ねる、かながわ名木100選にも選ばれています。

立派な幹の様子

樹勢旺盛な様子

幹に大量にへばりつく植物の様子

葉の様子

10年ほど前の台風の影響で、主幹の先端が折れてしまいます。そこで樹木医指導のもと、折れた個所からダメージが広がらないための、蓋をする治療が施されました。治療の甲斐あって、今では幹も枝葉も元気よくなり、ケアも特にはしていないとのこと。人の手を広げたような大きく独特の形の葉と、山側の幹にびっしりと生える苔のような植物が印象的でした。

トチノキは大きく成長する特徴から、家具や楽器の材料として重宝されてきました。クリに似た感じの実は、デンプン、タンパク質を多く含み、そのままでは渋くて食べられないそうですが、渋抜きという作業をすることで、食用にもなるんだとか。

そのため古来には、食料に乏しい地域で食べ物が実る樹として重宝されてきたという逸話があり、森林伐採の際にはトチノキだけは切らないという風習が残る地域もあったと聞きます。

頼政神社のトチノキにも、あたりが食糧不足に陥った際、地域住人がその実を食べ生き延びたというエピソードがあると聞きました。しかし地元で生まれ育った同神社の宮司さんによれば、「聞いたことがないんですよね(苦笑)」とのこと。神社名の頼政にかんしても「あたり一体に源氏にまつわるエピソードが数多く残っていますから、何かしらの関係はあるのでしょうが、正確な文献は残っておりません」とのことでした。

しかしこのような世間のエピソードとは関係なく、トチノキはこれからも丹沢の地で成長を続けることでしょう。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です