三度の火災に耐えた矢島稲荷の大ケヤキ

Pocket

みなさん、こんにちは。今回は、東京都府中市の矢島稲荷(やじまいなり)にある、大ケヤキ(欅)をご紹介します。

矢島稲荷の発祥やその歩みについて詳しくは分かりませんでしたが、府中という地域は、以前紹介した大國魂神社もある由緒ある土地柄。その歴史は大ケヤキと同程度の約700年ということで、信仰深い氏子が個人の祠として建立したようです。

実際、矢島稲荷が立つ場所は、矢島さんという方の私有地です。稲荷も大ケヤキも個人の所有物ですから、稲荷を訪れる際には十分配慮されてください。

外観②

矢島稲荷は、京王線・府中駅から徒歩5分。あるいはJR・府中本町駅から徒歩10分ほどの位置にあり、府中街道、甲州街道、そして大國魂神社から府中駅に向かって伸びる、同神社の参道でもある、馬場大門のケヤキ並木(ばばだいもんのけやきなみき)に挟まれた駐車場の一角にあります。

外観①

樹齢約800年、樹高約17m(現在はもう少し低そうです)、幹周り約9.55mで、府中市の天然記念物指定です。都内では最大の幹周りを誇るケヤキで、練馬・白山神社の大ケヤキ、御岳山・神代ケヤキと並び、都内で3本の指に入るケヤキとしても広く知られています。

根元から2つの幹に分かれていて、太い方の幹は訪れる者を圧倒する存在感を放っています。

太い幹の様子を

しかし、江戸時代の天保6年(1835年)、安政6年(1859年)に二度、そして戦後の昭和28年(1953年)にと、合計三度もの火災に遭ったため、幹の中が空洞になってしまったそうです。確かに、焼け焦げた痕が確認できました。

火災の痕

腐朽が進んでいる様子

コンクリートで補修された様子を

そして、現在は樹の中にはコンクリートが詰まっているとのこと。そのため、太い方の幹は腐朽が進んでいます。樹木医の診断を受け、さらにコンクリートで補強するなどの治療が施されています(茶色く見える部分は、すべてコンクリートです)。

しかし腐朽の進行は止まらず、数年前には落下防止のためにと、太い幹から伸びていた唯一残っていた大きな枝が伐採されました。樹の根元には、これまで同じようなことが何度も繰り返されてきたのでしょう、多くの伐採された幹が置かれています。

残骸②

キノコ

樹勢が弱ってくると付きやすいという、キノコの姿もありました。

樹勢が良好な様子を

しかし樹の上の方に目をやると、わずかですが緑の葉を広げる枝葉も見られ、まだ、生命の営みは終わっていないことが分かります。

さらに細い方の幹の樹勢は良好です。照りつける真夏の日差しを気持ち良さそうに浴び、まだまだ長生きするぞと、訴えているように感じました。

ケヤキはスギやクスノキと並び、長寿として知られている樹です。なかには樹齢1500年を超える樹も確認されています。

たとえ太い幹が枯れたとしても、まだまだ長生きし続けることでしょう。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です