貴重なラッパイチョウが東京八王子に

Pocket

みなさん、こんにちは。今回は、東京都八王子市にある、宇津貫熊野(うつぬきくまの)神社のラッパイチョウをご紹介します。

神社への道のりは、JR横浜線・八王子みなみ野駅から徒歩15分。このあたりは1997年に街も駅も開かれた、「みなみ野シティ」というニュータウンで、整備された街並みが続きます。

八王子みなみ野の街並み

神社は斜面に位置し、低い場所に立つ鳥居から、本・拝殿が鎮座する丘の上に続く階段脇に、目指すラッパイチョウは立っています。

神社外観

樹の立ち位置

ラッパイチョウとは、一般的な扇型をした葉ではなく、ユニークなラッパ状をした葉を持つイチョウの樹を言います。

枝についているラッパイチョウ②

しかし、樹のすべての葉っぱがラッパ状になっているわけではありません。むしろラッパ状になっている葉はわずかで、見つけるのに30分~1時間ほどの時間を費やしました。このことは、樹が立つ位置にも関係しています。前述した通り斜面に樹が立っているため、枝葉に近寄るのが容易ではないのです。

斜面に立つ様子

しかし、数枚のラッパイチョウを確認すると、その後は落ち葉も発見することができました。改めてラッパ状の葉を眺めていると……何ともユーモラスなカタチにしばし魅入っていました。

ラッパイチョウ

ラッパイチョウ広角

私は数枚の葉しか見つけることができませんでしたが、目で見える範囲は地面付近のわずかですから、上の枝にはもっと多くのラッパイチョウがあるかもしれません。

ラッパイチョウのこれまでの報告例は、全国でわずか20件ほど。関東ではこの樹を含め、3本しか報告されていません。その他は、兵庫県、熊本県、大分県、佐賀県、福岡県などで見つかっています。貴重な存在ということで、最近開校した地元中学校の校章に、ラッパイチョウがデザインされています。

案内板によれば、ラッパイチョウは昭和天皇陛下がご結婚された際の、記念樹として植えられたとのこと。樹齢は約90年であることが分かり、樹高は約25m、幹周り約2.1mです。

さて、葉がラッパ状になる原因ですが、詳しくは分かっていません。しかし、イチョウはイチョウ類の中で唯一現存している種であり、生きている化石とも言われ、実際、化石も見つかっています。長い歩みの中で、何らかの原因で突然変異としたとの見解が一般的です。

これまで東京近郊の巨樹を訪ね、イチョウが多いことを知りました。その理由は紅葉の美しさに加え、病気、害虫、剪定に強く、痩せた地でも育つ生命力に他なりません。

このような理由から、イチョウは今から約1世紀前に、原産地である中国から渡って以来、日本全国に広まりました。東京、神奈川、大阪といった大都市がシンボルツリーとして指定し、その他数多くの、市町村、大学などでも同じくシンボルツリーとして愛着を持っています。

今回紹介した八王子のラッパイチョウが見つかったのは2003年のこと。樹に詳しい方が、たまたま同神社を訪れた際に、偶然ラッパ状の葉を発見したそうです。

私たちが普段目にしているイチョウの中にも、その葉をよく観察してみると、ラッパ状の葉があるかもしれません……。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です