都会のビル・マンション街に立つ本郷弓町のクスノキ

Pocket

みなさん、こんにちは。今回は、文京区本郷に立つ、「本郷弓町のクスノキ」をご紹介します。

JR御茶ノ水駅・水道橋駅から歩いて10~15分ほどの位置にあり、最寄り駅である営団丸の内線・都営大江戸線の本郷三丁目駅からは徒歩5分という、まさに都会のど真ん中に立つクスノキは、そばにマンション、道を挟んでオフィスビルと、都会ならではの立地にあります。

ビルとマンションに囲まれた様子

樹齢約600年、樹高約20m、幹周り約8.5mの堂々たる姿は、近くを走る幹線道路・春日通りからも眺めることができ、文京区の保護樹木に指定されています。

春日通からの眺め元

根元の様子②

根元の様子③

以前紹介した大雄寺のクスノキは、辺りが墓地という環境下で存分に枝葉を伸ばし育っているという印象でしたが、本郷のクスノキは成長のパワーを幹に蓄えているという印象で、太くどっしりと地面に根を張った姿が印象的です。

樹がまだ若い江戸時代の頃、そばのマンションが立つ場所には、楠木 正成(くすのき まさしげ)という武将の子孫、甲斐庄(かいのしょう)という旗本の屋敷がありました。屋敷は大正時代に解体され、駒澤傳吉氏という駒澤銀行の頭取をしていた人物の所有に移り、木造2階建の和洋折衷が見事な、自宅を建築します。その後1942年に中山家の所有となり、現在に至っています。

1980年には建物の一部を改造して、「楠亭」というフレンチレストランがオープンします。大正時代に建てられた風情ある雰囲気の中での食事は、当時の人々の憧れだったそうです。

レストランとの位置関係

現在では「パークハウス楠郷臺(なんごうだい)」というマンションに建物は変わりましたが、レストランはそのまま在り続けます。2006年からはペジーブルという同じくフレンチレストランに装いを変え、今ではブランジェリー(ベーカリー)が加わり、近所のパン好きなファミリーが訪れる街のスポットになっています。実際、私が取材に訪れた当日も、子どもと一緒にパンを求めるお母さんの姿がありました。

マンション管理者やレストランの方にお話を伺うと、現在、このクスノキは住人が協力して、管理・維持しているとのこと。マンションの維持管理費から費用を捻出して剪定するなど、その維持に努めているそうです。

マンションとのコントラスト

そんなことから、クスノキを気に入って入居を決める方がほとんどなんだとか。つまりこのクスノキは、マンション住人によって愛され見守れている樹なのです。

今後もたくさんの居住者の愛情によって、まだまだ元気な姿を私たちに見せてくることでしょう。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です