都内最大の水郷「水元公園」の樹々

Pocket

みなさん、こんにちは。今回は、東京都葛飾区にある水元(みずもと)公園をご紹介します。

東京都の北東端に位置する葛飾区は、江戸川、綾瀬川、荒川、中川といった幾つもの川が流れ、川を境に、埼玉県、千葉県と隣接しています。

水害が多く発生してきた歴史を持ち、江戸時代より治水事業が盛んでした。同公園のベースである小合溜(こあいだめ)という池も、その1つとして中川の支流、大場川から水を引き、整備された溜め池です。

治水事業が落ち着いた後は、灌漑としての機能を持つようになり、地域の農業発展に貢献します。その後、1965年に水元公園として整備。現在は約92haの広さですが、増築中ということで、夏には100haになるそうです。先日紹介した昭和記念公園の約半分の広さで、水郷公園としては東京23区内で最大の規模を誇ります。

水が豊かな様子

園内には小合溜から分かれる大小幾つもの水路が走り、その様子はまるで異国さながら。公園は川に沿って造られているため、L字型というユニークなカタチとなっています。専用の釣堀が整備され、釣りを楽しむ方が大勢いる姿も同公園ならではです。

釣堀の様子

公園への道のりは、JR・京成金町駅からバスに乗り「水元公園」下車、駅から歩くと30分ほどかかります。

水辺を好むハンノキを筆頭とし、ハナショウブ、スイレン、コウホネといった水生植物が多くあり、野鳥の観察スポットとしても有名です。

私が特に興味を持ったのは、約1kmも続くポプラ並木と、生きている化石と呼ばれるメタセコイアが群集する森です。

植えられた当時は300本あったというポプラの樹は、現在では約200本となっています。理由は台風などの自然災害によるものだそうですが、横の樹が倒れると隣接する樹が枝葉を広げ、その空きをカバーするとのことで、特に新しく樹を植えることはしていないとのことでした。並木道は主に小合溜に沿った歩道脇に等間隔で立っていて、場所によって趣を変えているのが、見る者を楽しませてくれます。

ポプラ並木①

広場からのポプラ並木

ポプラ並木②

中でも、ポプラ並木の影が水面に投影されている景観は見事。この景観は、公園北西部にある、閘門橋(こうもんばし)そばの入り口近くから見ることができます。

水面に映るポプラ並木

メタセコイアの森は園内に数個所あり、森の中に入るとマイナスイオンを感じ、心の安らぎを覚えます。見上げれば生い茂った葉の隙間から清々しい太陽光が降り注ぎ、

メタセコイヤの森 空を眺めて

切り株

ヘビイチゴ

メタセコイアの森

地面に目をやれば、ヘビイチゴや伐採した幹で作られた天然のベンチがあります。

メタセコイアの総数はおよそ1800本、都立公園としては最大の規模です。

ポプラ並木と聞くと北海道大学が有名です。実際に公園を訪れると、北海道や異国の地でしか味わうことのできない、独特の空気感が漂っていることが体感できます。時間もスローに流れているように感じました。“のどか”という言葉がぴったりの公園です。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です