180haの広さを誇る、国営昭和記念公園1500本のサクラ

Pocket

みなさん、こんにちは。今回は、東京・多摩地域にある、国営昭和記念公園をご紹介します。

花のアップ

同公園は、昭和天皇陛下の在位50年を記念して、1983年につくられました。軍の飛行場であった立川基地という広大な跡地を利用して、現在では公園の他、陸上自衛隊立川駐屯地、海上保安庁、東京消防庁、警視庁など。官公庁の各施設が設けられ、立川広域防災の拠点基地となっています。

総面積は180ha。現在はその内163haが利用され、今でも新しい施設が建設中です。あまりの広さのため、園内にはレンタサイクル(3時間410円)や、パークトレイン(1回300円)といった専用の移動手段が用意され、トイレの数は48ヶ所もあります。

パークトレイン

これだけの広さということで、入園口は7つも用意されています。JRでは、立川駅、西立川駅、東中神駅から。西武拝島線では、武蔵砂川駅からアクセスが可能です。

園内にあるサクラの数は約1500本。種類も豊富で、シダレザクラ、ソメイヨシノ、オオシマザクラ、ヤマザクラ、マメザクラなど、約31種のサクラがあります。

しだれ桜

種類が豊富な様子

都内でも有数のお花見スポットとして広く知られ、春に開催されるフラワーフェスティバルでは、毎年多くの来園者が同園を訪れます(2010年は約100万人)。

園内は川やサイクリングコースが整備され、数多くの橋が架かっています。その橋の上から眺めるサクラは、川岸に群生する菜の花の緑・黄色とマッチして見事――。しばし、橋上に佇んでいました。

橋の上からの眺め

サクラだけでなく、他の樹や、チューリップといった草花も数多くあり、サクラとそれぞれが醸し出すコントラストは、同公園ならではの魅力です。

チューリップとサクラ

菜の花とのコントラスト

他の植物の共演

他の樹との共演

他の花との共演

中でも、公園が造営される前からこの地に立つ、樹齢約100年、樹周り約3.8m、樹高約20m、枝の広がりが約24m。同園のシンボルツリーである大ケヤキの存在感は圧倒的。11haもの広さがある「みんなの原っぱ」という、芝生のど真ん中にどんと立っている姿は、「日立の樹」を彷彿させます。

シンボルツリーとサクラ

「桜の園」と名付けられたお花見スポットでは、食事と会話を楽しむ方の姿や、私と同じようにカメラを片手に、撮影に熱中するカメラマンの姿が多くありました。幹が太く、いかにも老木というサクラが多いのも特徴的です。

老木の雰囲気を

桜の園

花見の様子

公園では広大な敷地を利用し、フライングディスク教室、花火大会の観覧場所、熱気球の体験搭乗、野外コンサート、スポーツ教室、サッカー大会など、年間を通じて様々なイベントが開催されています。

震災などの災害時には、一時避難場所となる機能も備えていて、緊急時飲料用の貯水槽も用意されています。

3月11日に起きた東日本大震災の際には、そばにある立川駅で往生する人たちに向け、同公園に避難する指示が出ました。その結果、帰宅することが困難な人たち向け、園内にある「花みどり文化センター」を宿泊場所として開放。実際に600人ほどの人が泊まったそうです。

立川駅北口周辺は、冒頭でも紹介したように元飛行場という広大な土地の一部が、現在も手付かずで残っています。都内のからアクセスも良く、今後ますますの地域発展が期待できるでしょう。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です