雑司が谷・鬼子母神堂の子授けイチョウ

Pocket

みなさん、こんにちは。今回は、東京都豊島区雑司が谷(ぞうしがや)にある、鬼子母神堂(きしもじんどう)の子授けイチョウをご紹介します。

鬼子母神は、安産・子安(こやす)の神様で、境内には2つの像が祀ってあります。

1つ目は、お堂建立のきっかけとなった母神像で、室町時代の永禄4年(1561年)に、現在の文京区目白台あたりで、掘り出されたと伝えられています。

羽衣をまとい、左腕には赤ん坊を、右手には吉祥果(きちじょうか)という魔よけの果実(ざくろ)を持ち、にっこりと微笑んだ表情は、まるで鬼とは思えません。

母神像が祀ってある本堂は、江戸時代初期の寛文4年(1664年)に建てられた、豊島区最古の建造物です。お堂を管理する法明寺(ほうみょうじ)の創建も弘仁2年(811年)。どちらも歴史があります。

本堂の外観

2つ目は石像で、こちらも鬼の形相ではなく、合掌した姿が訪れるものに癒しを与えてくれる、柔和な表情が特長です。

石像

鬼子母神というのは、過去には子どもを食べる残虐な性格でした。しかし、お釈迦様の教えにより改心し、現在のような子どもに関する願いごとをかなえる、優しい神様になったというエピソードが伝わっています。

このことから、鬼子母神の「鬼」という漢字には、鬼の特徴である角を表したかのような、上の「ノ」の部分がありません。同寺が発行しているパンフレット類では、すべて角のない漢字(当て字)が使われています。

お堂への道のりは、池袋駅東口から徒歩10分ほど。車の往来が激しい明治通りを南下していきます。しかし、明治通りから左に折れた小道をちょっと入ると……。そこには、驚くほど静かな町並みが広がっていました。地域に昔から住んでいるであろう、地元住民憩いの地という雰囲気が存分に漂い、訪れる者の心を和ませます。

看板

雑司が谷の町並みは、道がまっすぐではなく入り組んでいます。このあたりは以前、「稲荷の森」と呼ばれていた、小高い丘の土地柄。そんなことから、お堂は形状が複雑な斜面に立っているため、境内に一歩足を踏み入れると、まるで別世界に迷い込んだような不思議な感覚に陥ります。出入り口が6つもあるのも、そのような印象を深くしたのでしょう。

生活の道として。毎日のお参り場所として。観光名所として――。私が訪れた日も、様々タイプの人でにぎわっており、皆から愛されているお堂であることが分かります。

引き

下から樹全体を

樹高約33メートル、幹周り約11メートル、樹齢約700年。善福寺、大國魂神社に続く、東京で3番目のサイズを誇る大イチョウは、都の天然記念物指定を受けています。

サイズは3番目ですが、主幹の損傷がほとんどなく、1本の太い主幹が天に向かってどんと伸び、その主幹から枝葉を四方に存分に伸ばしている姿は、何本もの幹が集まって樹の全体像が形成された、他の多くの大イチョウとは一線を画す姿です。樹が弱ると根元から生えてくる、小さな枝(ヒコバエ)の姿もなく、樹勢は良好であることが一目瞭然。

樹勢だけ比較すれば、先に紹介した2つの大イチョウよりも、上であることは間違いありません。その勢いの証なのでしょう。根を保護する役割の柵を越えてまで、根先が伸びていましたから。

元気な根の様子

気根の様子①

気根の様子②

老木雄イチョウの特徴である、気根もかなりありました。

古来より雑司が谷の神様として祀られている、武芳稲荷堂(たけよしいなりどう)の赤鳥居に囲まれている姿も特徴的で、雄イチョウらしい、どっしりとしながらも、すらっと天に伸びた主幹の姿が凛々しく感じました。

鳥居に囲まれた様子を

春から秋にかけては多くの葉を付け、その堂々たる姿をさらに強くすることでしょう。
その季節にまた、訪れてみたいと思いました。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です