下総国の総鎮守・葛飾八幡宮に立つ、千本公孫樹

Pocket

みなさん、こんにちは。今回は、千葉県市川市にある、葛飾八幡宮(かつしかはちまんぐう)の千本公孫樹(せんぼんいちょう)をご紹介します。

参道を電車が横切る様子

八幡宮という名が付く神社は、日本各地に約4万4000社あり、大分県宇佐市にある宇佐神宮(うさじんぐう)が総本社になります。祭神は八幡神(やわたのかみ)で、應神天皇(おうじんてんのう)と同一です。應神天皇は数多くの地溝をつくり灌漑を進め、国内の産業を活発にした功績から、殖産興業の神として崇められるだけでなく、海外から経典をもたらすなど、文学の神様としても広く知られています。母である神功皇后(じんぐうこうごう)は、女帝であったのではないかとの説があるほどの“たくましい女性”で、妊娠中にも関わらず朝鮮半島に出兵、見事勝利しました。その後、無事に赤ちゃんを出産したことから、武運・安産祈願の神様として、広く知られています。

葛飾区八幡宮ではこの2人の神様の他に、育児の神様として信仰されている、玉依比売命(たまよりひめのみこと)を祭神として祀っていて、寛平年間(889年―898年)の頃に、現在の千葉県北部、下総国(しもうさのくに)を守護する総鎮守として創建されました。

神社への道のりは、JR総武線・本八幡駅から徒歩8分。または京成線・八幡駅から同じく徒歩5分の距離で、国道14号線から神社に向かって一直線に続く、約250mの参道を通っていきます。京成線の線路が参道を横断していたり、鳥居が2つあるのも特徴的です。

千本公孫樹は参道から本・拝殿を眺めた、右側に位置しています。

本殿とイチョウの様子

絵馬とイチョウの様子

外観

樹の前には、ご神木のご利益にあやかろうとする人たちが、かけた絵馬が数多くあります。

樹齢は同神社の創建当時と伝えられていますから、1000年以上になります。樹高は約22m。幹周りは根元部分が約10.2m。目通り(地面から1.3mの高さ)部分が約10.8mで、根元よりも目通り部分での幹が太いのが特徴で、国の天然記念物に指定されています。

天然記念物指定

>

過去の落雷により主幹が折れ、その結果ひこばえ(樹の根元部分から生える枝。主幹が弱った時に生えることが多い)が数多く生えたために、まるで千本もの枝があるような特異な樹のカタチとなりました。ですがそのひこばえも立派に成長し、今では枝といよりも多くの木が集まっているという印象を受けます。

ひこばえが集まっている様子

雄株老イチョウの特徴である、気根(空気中に出た根、「きこん」という)を見つけました。

気根

気根はその見た目から、別名、乳(ちち)と呼ばれ、出産後の女性から信仰されています。同神社の祭神のご利益に、ぴったり合う樹というわけです。

千本公孫樹は、江戸時代後期に書かれた、江戸名所図会(えどめいしょずえ)でも紹介されています。同書に書かれているエピソードでは、数十匹の白蛇が、毎年行われる祭りの賑わいに乗じて、樹の根元から出てきたんだとか。縁起のいい白蛇ですから、その後、千本公孫樹に対する信仰心が高まったことはいうまでもありません。

神主さんからは、10年ほど前に樹の中にある空洞に、ヘビが住んでいる姿を実際に見たとのお話が聞けました。祭りは毎年9月15日に開催されていますから、その日を楽しみに樹を訪れる人の姿も、あることでしょう……。

つぼみ

老木であり主幹が折れてしまったイチョウですが、全体的に樹勢は良好で、これから春にかけて葉をたくさん付ける枝先には、つぼみの姿が数多く見られました。まだまだこれからも元気な姿を、私たちに見せてくれそうです。

Pocket

“下総国の総鎮守・葛飾八幡宮に立つ、千本公孫樹” への1件のコメント

  1. […] 在その姿はありませんが、樹の根本にアオダイショウが住み着いていたというエピソードが残っています。以前ご紹介しました葛飾八幡宮の「千本公孫樹」でも、同じ逸話がありました。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です