日本一の繁茂面積を誇る江戸川区善養寺 影向の松

Pocket

みなさん、こんにちは。今回は、東京都江戸川区、善養寺(ぜんようじ)にある影向(ようごう)の松をご紹介します。
 
善養寺は、JR総武線・小岩駅南口から徒歩15分ほど、江戸川沿いにあります。駅からしばらくは賑やかな商店街が続きますが、川に近づくにつれ住宅や病院が見られるように風景が変わり、と同時に街中にも関わらず大きな樹が道路沿いに立っていて、目をひきます。松の樹の姿も幾つかありました。
 
善養寺の創建は1527年。京都・伏見にある世界遺産、醍醐寺(だいごじ)の高僧、頼澄(らいちょう)法印が、夢の中で不動明王のお告げを受け、江戸川の地を訪れ同尊を祀る小堂を建てたのが始まりといわれています。

不動明王の小堂

奈良県の長谷寺を総本山、東京の護国寺を大本山に仰ぎ、正式名称は星住山地蔵院(せいじゅうざんじぞういん)善養寺といいますが、地元住民は小岩不動(こいわふどう)と親しみを込め呼んでいます。春は植木市、秋には菊花展が開催され、多くの人で賑わうそうです。

以前寺内には、空から降ってきた星が松に掛かったところから、その名が付いたという樹齢600年、樹高30メートルを誇る、星降り松(ほしくだりまつ)がありました。残念なことに1926年の台風により命を失いましたが、「星住山」という山号は、この逸話に由来しているとのこと。現在は2代目の星降り松が、元気な姿で立っています。

門からの眺め

ワイド感を

寺内のほぼ中心に位置する影向の松の特長は、その枝張りです。東西30メートル。南北28メートルもあり、繁茂(はんも)面積900㎡は日本一です。

樹齢約600年。幹周り約4.5メートル。樹高は1本ぴょんと飛び出た幹が8メートルほどで、その他は平均して3メートルです。「影向」という言葉の意味は、神仏が他人の姿を借りて私たちの前に姿を見せることですから、この松は神様だということになります。

人の腕・手の様子

まるで人の、腕、手、指先のような生命力を感じさせる、東西南北に広がった枝も見事ですが、その大元となる主幹に目をやると、立派な幹がどんと地面に根を降ろし、600年の歴史を感じさせます。雄松(おまつ)とも呼ばれるクロマツ特有の、荒々しい樹の表情も印象的です。

主幹の男らしさを

苔に被われた様子を

角度のちがい

太陽光が当たる側にはたくさんの苔が生えていますが、影側はそれほどではなく、樹を一周するとその違いがよく分かり、見る角度によって表情を変え、訪れる人を楽しませてくれます。

近くには小山があり、そこからの眺めも趣がありました。

小山からの様子

当日は雨が降っていたこともあり、雨の雫が松葉の先にたまる自然美に、しばし心を奪われました。

雫が滴る松葉の様子

元気そうに見えた松でしたが、主幹の中は既に空洞なんだとか。老松ということ、加えて去年の猛暑の影響もあり、現在はあまり元気がないそうです。今から20年ほど前、松葉が茶色になったことをきっかけに、大学、都、区などが協力して、樹の存続に注力し始めます。以降は定期的に樹木医などが樹の様子を診断。現在は根の上に人が入らないようロープを張り、土壌改良をはじめとする樹の保護に努めているとのことでした。土壌改良のための肥料も見られます。

肥料

――こんなエピソードがあります。香川県・真覚寺にある岡野松と、影向の松が日本一の座を争っていることを聞いた、地元江戸川出身の横綱栃錦(とちにしき)が、影向の松を東の横綱として推挙します。そして通常の倍もある大横綱を寺に奉納し、影向の松にしめたそうです(現在は外され、仁王門に飾られています)。残念なことに西横綱・岡野松はその後枯れてしまい、現在は影向の松が1人横綱となっていますが、まだまだこれからも元気な姿を、私たちに見せ続けて欲しいと思いました。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です