あきる野養沢神社に立つトチノキの巨樹

Pocket

みなさん、こんにちは。今回は、東京・あきる野市にある養沢神社(ようざわじんじゃ)のトチノキをご紹介します。

龍外観

以前紹介した奥多摩・奥氷川神社と並んで、西多摩に数多くある神社の中で、歴史ある神社の1つに数えられている同神社は、その歩みの長さなのでしょう。数々の逸話が伝えられています。

まず、日本武尊(ヤマトタケル)に関する逸話です。ヤマトタケルが東征していたその旅路で、同神社に立ち寄り病んだ身体を静養しました。同神社は辺りを山に囲まれ、御岳沢(みたけさわ)と大岳沢(おおたけさわ)の合流点にあり、「幽境」という言葉が似合う自然豊かな環境。この環境が良かったのでしょう。尊の病はたちまち治ったことから、その後現在の養沢という地名となり、同時に地元住民が祀っていた神様を合祀して、社殿を建てたと伝えられています(現在は新しい社殿に変わっています)。もちろんヤマトタケルも祭神として奉祀されています。

もう1つが、聖徳太子に関する逸話です。先のヤマトタケルと同じく聖徳太子時代の朝廷が東征を進めていた折、アラハバキ(荒吐)という東北地方に古来より伝わり、謎が多い神様を信仰する東北地方の民を追い詰めたのが、この養沢の地だそうです。ただ、戦の決着が付いた後は、この地で安住しなさいと温情をかけ、その結果、彼らはこの地に住み始めます。同神社ではアラハバキも祭神となっていて、聖徳太子を称えた石碑を祀ってあります(確認はできませんでした)。さらに、その一族を見守る目的で、養沢の近く桧原村・小岩という集落に、大和朝廷の一族が住んでいたという逸話もあります。

養沢神社への道のりは、JR五日市線の終点、武蔵五日市駅から養沢キャンプ場行きのバスに乗り、終点の1つ前、大岳鍾乳洞入り口バス停目の前です。

石段を登ると、中国神話に登場する2匹の立派な龍神様が、参拝者を迎えてくれます。2匹は兄弟もしくは夫婦とされていて、社殿を背に右側の龍が伏羲(ふくぎ)、陽神(男性)。左側の龍が女鍋(ちょくわ、じょか)、陰神(女性)と言います。

陽神
伏羲(ふくぎ)、陽神(男性)

陰神
女鍋(ちょくわ、じょか)、陰神(女性)

伏羲の方が体躯が大きく、いかにも男性的という印象を持ちます。ただ伏羲と女鍋は本来蛇であり、また、なぜ同神社に龍を祀ったのでしょうか? 聞けば、神社近くに幼い頃住んでいた元氏子の方が、2匹の龍を夢の中に見たんだとか。その方が個人的に2匹の龍を神社に収めたそうです。・・・何だかロマンを感じるエピソードです。

樹を根元から眺める

外観

根元から地上数メートル付近まで、苔に被われているトチノキは、樹齢約400年。樹高約32m(現在は手入れ直後のためそれほどありません)。幹周り約6mを誇り、都内で最も太く、関東地方でも最大クラスのトチノキといわれています。

枝張りが見事な樹と聞いていたのですが、私が訪れた日は手入れをした後でした。樹の後に写っている、神社総代の方に話を伺うと、あまりに樹勢が良いので、2010年末に手入れをしたとのこと。もちろん、時期・手入れ方法は専門家に任せたそうです。

手入れ当日は、大きなクレーン車が2台がかりで枝切りを進めていったそう。「これほど立派な巨樹を切るのは初めて」と木を切る職人さんはおっしゃっていたそうです。

下の写真は、以前の様子を知る間野友輔さんからお借りしました。立派な枝張りです。

トチノキ 間野さん (1)

トチノキ 間野さん

巨樹だということで手入れをせずに、その結果倒木してしまうケースもありますから、今回の手入れを機に、トチノキはますます元気に幽境の地で暮らしていくことでしょう。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です