あきる野・五柱神社に立つ、都内一の太さと名高い大杉

Pocket

みなさん、こんにちは。今回は、東京・あきる野市にある、五柱神社(いつはしらじんじゃ)の大杉をご紹介します。

引き

五柱神社の創建は不詳ですが、地域住民信仰の場として祀られ、元亀・大正時代(1570~1592)には、境内の大部分を社殿が占めていたそうです。その後、現在の小ぢんまりとした社殿に、寛政年中(1789~1801)の頃に改築されました。

同神社への道のりは、JR五日市線の終点、武蔵五日市駅からバスに乗り約20分。軍道(ぐんどう)バス停で降り、歩いて10分ほどです。近くには瀬音の湯(せおとのゆ)という温泉施設もある、自然豊かな地域です。

大杉は人里から少し離れた、山の麓に立っているため、訪れるには民家の脇にある急な小道を登っていきます。バス停から歩いていくと、周りの樹より頭2つほど抜きん出た、大杉の姿が目に飛び込んできました。バス停付近には特に看板がないため、停留所前にある商店の方に樹のことを尋ねると、2つ返事で場所を教えてくれました。地元でも有名な樹であることが分かります。

神社への案内板

向かう道

都内で一番の太さを誇り、圧倒的な存在感を放つスギだと聞いていたので、その巨体を楽しみに神社を訪れると、イメージ以上の堂々たる姿に、樹を前にしばらく足が止まりました。大杉のために神社が創建されたという印象を持つほどです。

参道引き

参道寄り

鳥居から大杉を望む

大杉引き

大杉を守るように、周りに若いスギが立っているのも印象的です。

周りにあるスギ

樹の脇にある2002年に立てられた案内板によると、樹齢約400年、樹高52m、幹周り8mとなっていますが、主幹のダメージはほとんど見られず、樹勢がかなり良好であることから、まだまだ成長過程の樹であることが分かります。実際、2008年に別の方が測定したデータでは、幹周りは8.73mということでした。

斜面に立っているのに不安定という感じは全くなく、大半のスギと比べると圧倒的に太い根回りから、地面に広がった根でしっかりと斜面を掴んでいます。「重厚」「どっしり」という言葉がぴったりです。

根元の様子

根元は1本ですが、地上から10mほどの高さで主幹が2つに分かれ、それまで枝葉は一切ありません。まさにスギという名前の由来(真っ直ぐ伸びる木)そのままです。

幹別れ

上の枝葉の方に目を向けると、もぎ取られるようなかたちで折れている枝が幾つかありました。神社の方に聞くと、落雷やその他自然災害によるものなんだとか。ただ、現在の元気な樹の様子を見る限りでは、特に問題はなさそうです。

樹の折れた様子

社殿に向かって左側にある石段を登ると、樹の空洞の前に小さな祠があります。

根元の祠引き

祠寄り

地元の氏子の方が、数年前に奉祀したとのことでした。

空洞へは、今では入り口が狭くなってしまい、人が入ることはできません。ですが以前は、中で遊べるほど入り口が開いていたそうです。実際に中を覗くと、私のような大人が納まる空間が広がっていました。

1959年の伊勢湾台風の際には、周辺の大杉が倒れる中で、このスギだけはびくともしなかったそうです。これから先も成長し続け、地域のシンボルとしてその力強さを存分に発揮してほしいと思います。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です