大国魂神社に立つさまざまな巨樹

Pocket

みなさん、こんにちは。今回は、東京都府中市の大國魂神社(おおくにたまじんじゃ)に立つ、さまざまな巨樹をご紹介します。
 
東京大神宮、靖国神社、日枝神社、明治神宮と共に「東京五社」に数えられる大國魂神社は、JR府中本町駅、京王府中駅どちらから歩いても、5分ほどの場所にあります。
 
神社の広さは1万5000坪ほどで、東京ドーム約1個分です。辺りには大きなスーパーマーケットや住宅が建ち並ぶ市街地で、駅が近いということ、交通量の多い旧甲州街道沿いにあることで、人・車の往来が激しい場所です。

ですが、そのような都会の喧騒を忘れさせてくれる多くの巨樹が、境内には立っています。まさに「都会のオアシス」「鎮守の杜」という言葉がぴったり。参道を生活の道として利用している方も多く見られ、地域の人にとってはなくてはならない存在だと感じました。このような地域の人との関わりは、神社の歴史を知るとより深く知ることができます。

境内の様子

創建は111年。景行天皇(けいこうてんのう)が神からお告げを受け、武蔵国(現在の東京・埼玉の大部分と神奈川の一部)の鎮守として、大国魂大神(おおくにたまおおかみ)を祀ったのが起源です。

「府中」という地名は全国に点在し、国府があった名残です。大化の改新(645年)で武蔵国の国府がこの地に開所されたのを機に、近隣にある6つの神社の神を合祀し、総社となりました。それからはまさに武蔵国の中心地として歩み、現在に至っています。

府中本町駅から神社に向かって歩いていくと、本堂裏付近にある3本の巨樹が目に飛び込んできます。

本堂裏の様子

東京都で2番目の太さを誇る、樹高23メートル、幹周り9.1メートル、枝幅20メートルの大イチョウの貫禄は見事。横綱級という言葉がぴったりで、私がこれまで見てきた巨樹の中で、ナンバー1のインパクトでした。

大イチョウ太さ強調

大イチョウとムクノキD40

reseize大イチョウ引き

その大イチョウのすぐ側に立つ、樹高28メートル、幹周り5メートル、枝幅22メートルのムクノキもかなりの大きさを誇っています。ですが、大イチョウのインパクトが強すぎるため、それほどの迫力を感じません。ただ根元に目を向けると、まるで象の足のようなゴツい根がありました。

ムクノキD40

ムクノキ根元

境内で一番の太さを誇るケヤキは、2本とはやや離れ、府中本町駅側にある自動車のお祓いを行う駐車場に、樹高29メートル、幹周り7.2メートル、枝幅9.5メートルという大きさで立っています。

本殿裏大ケヤキ

大ケヤキ根元

駐車場に立つ樹の「様子

数字だけ見るとかなりの巨樹なのですが、樹全体のバランスのよさ、他の巨樹の迫力に押され、なんだか駐車場内にひっそりと佇んでいるという印象を持ちました。ですが近くに寄ってみると、先ほどのムクノキと同じくしっかりとした根が特徴的です。

外は住宅街となる塀の側まで数多くの樹が立ち、まさに地域に密着した神社という印象を持ちます。

3本の巨樹すべての大きさデータは、今から約20年前のものです。現在ではこの数値よりも成長していることが考えられますから、特にムクノキに関しては、現在、東京一の大きさである可能性が高いといえます。ただ、同神社のムクノキは環境省・巨樹データベースに登録されていないため、曖昧となっているのが現状です。

本殿から京王府中駅に向かって、約500メートル続く参道脇には、国の天然記念物指定をケヤキ並木としては唯一受けている、「馬場大門(ばばだいもん)のケヤキ並木」があります。

馬場大門の並木

馬場大門のケヤキ並木

並木にある大ケヤキ

ケヤキ並木の右側巨樹

ケヤキ並木の起源ははっきりとしていませんが、旧甲州街道沿いの大鳥居の両側に立つ、樹高7メートル、幹周り6.8メートル 枝幅16メートルの巨樹は、江戸時代より立っているといわれ、神社への参拝者を迎えてくれます。

他の樹と同じく20年ほど前に調べられたデータでは、ほぼ同じ大きさということですが、私の目にはケヤキ並木から神社に向かって右側の樹の方が大きく、樹勢も良好に見えました。ただ、どちらの樹も毎日大量の排気ガスを受けていますから、今後の成長が心配です。

Pocket

“大国魂神社に立つさまざまな巨樹” への1件のコメント

  1. […] 地面をガッシリ掴むケヤキらしいスリムながらもゴツい根本の様子を見ていたら、以前訪れた府中・大國魂神社のケヤキを思い出しました。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です