白金台 附属自然教育園で目にした大蛇(おろち)の松

Pocket

みなさん、こんにちは。今回は、東京都港区白金台にある、「国立科学博物館附属自然教育園」をご紹介します。
 
白金と聞くと多くの人が都心部の「高級住宅街」をイメージするでしょう。ですが、古代には原始林があった場所で、その後人の暮らしが始まってからも、畑や田んぼといった農地が辺りを覆い、緑豊かな地域でした。同園はこのような古代からある、豊かな緑が残っている都内でも貴重な場所となっています。

園内の様子

今から400~500年前、当時の豪族が今の園がある場所に館を建て始め、この跡は今も土塁(どるい)として残っています。江戸時代に入ると讃岐国高松藩10代藩主であった松平頼胤(まつだいらよりたね)の下屋敷となり、明治時代は軍の火薬庫、大正時代は皇室の領地になりました。その後、1949年に文部省の所轄となり天然記念物・史跡に指定され、「自然教育園」として一般の人々への公開が始まります。1962年に現在の「国立科学博物館附属自然教育園」となり、現在に至っています。

園の広さは20ヘクタール。東京ドームが4つすっぽりと入る広さです。同園のホームページに掲載されている航空写真を見ると、その広さと緑のボリュームに圧倒されます。先ほども書きましたが、古代武蔵野の原生林が残っている場所は、都心では同園と皇居だけといわれているほど。都会のど真ん中にあるオアシスに癒しを求めているのでしょう。仕事の合間を縫って散策を楽しんでいる、スーツ姿のビジネスマンを見ることもできました。

私が同園を訪れたいと思ったのは、大蛇(おろち)の松と呼ばれている大きなクロマツを見たかったからです。樹齢約300年。幹周り約4メートルで、1979年の台風により枝が折れる以前は、樹高は30メートルもあり、都内の遠い場所からでも確認できたそうです。

現在の樹高は28メートル。それでも、園内で最も高い樹です。

おろちのマツ 外観

おろちの松 斜めの様子

大蛇の松様子

おろちの松という名は、地面から斜めに生えているその姿から名付けられそうですが、斜めでありながらも真っ直ぐと天に向かって成長しているその姿は、くねくねしている印象を持つ蛇というよりは、巨大な“槍”という印象を持ちました。

他の巨樹の影響で樹の上の方にいくまで枝葉がほとんど生えていないのも、槍の印象をより強くします。

おろちの松外観2

おろちの松 根元

また、マツの巨樹に多く見られる樹皮の“ゴツ”さも、それほど感じませんでした。

以前、田園調布で見た秋葉のクロマツと比較すると、樹皮の違いは一目瞭然。300年も経っている割には、まだまだ若い樹という印象を持ちます。育つ場所が違うと、同じクロマツでもこれだけ成長の違いがあることを知りました。

池の様子D40 (32)

自然教育園D40 (8)

紅葉

植物の様子

園内には750種もの植物が育ち、水が沸き、小川や池もあり、カワセミやヒキガエルをはじめとする動物が多く生息しています。その数、鳥類100種、昆虫類1300種、両性・爬虫類16種。古来より育つ巨樹も目立ち、スダジイ、マツといった大きな常緑樹の他、落葉高木である、ヤマザクラ、ムクノキ、エノキ、ミズキ、その他里山の代表木であるコナラも群生しています。

樹の種類だけでも開園当時は320種あったそうですが、現在ではその内82種は死滅してしまったとのこと。ただ、これには訳があるそうです。それは、同園ではできるだけ自然の状態で森林を保存しているため、落葉樹や針葉樹は大きな常緑広葉樹のパワーに押され、次第に死滅していくんだとか。いずれはおろちの松もなくなり、常緑樹だけの森林になると、園内の展示ホールに説明書きがありました。

■注釈
下屋敷:江戸時代、本邸以外の大名の屋敷。
土塁 :動物の侵入を防ぐために、豪族の住居、集落、城、寺などの周囲に築かれた連続した土盛りのこと。砦。
高木 :樹高5メートル以上の樹。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です