甲州街道・八王子に立つ全長4㎞のイチョウ並木

Pocket

みなさん、今日は。今回は、甲州街道八王子市内に立つ、イチョウ並木をご紹介します。

甲州街道は江戸幕府によって整備された道で、東京・日本橋を出発点とし、新宿、府中、八王子を通過。神奈川県・相模原、上野原を抜け、山梨・甲府、長野・下諏訪で中山道と合流する街道です。

江戸幕府を治めていた徳川家康に、有事があった際の逃げ道として、整備されたといわれています。

JR高尾駅北口を降りると、すぐ目の前に甲州街道があり、駅前の交差点がちょうどイチョウ並木のスタート地点となっています。ここから東京方面に向かって、道の両側の沿道に4メートルほどの間隔で、JR西八王子駅の少し先まで、全長約4キロメートルにわたりイチョウの樹が立ち並んでいます。

スタート地点

神秘

私が訪れた時期は11月下旬。紅葉は大分進んでいましたが、樹によってはまだ緑色の葉を残している樹もあり、中には黄色と緑色が混ざったユニークな葉を付けた樹もありました。

マーブルな感じ

葉のない樹

落ち葉

と思えば、ほとんど葉が落ちた樹も。日当たり状態、自動車排気ガスの影響など、樹が立つ場所の環境により、紅葉にはかなり差があるそうです。

樹は今から80年前の1929年に、大正天皇の御陵造営を記念して、植えられました。現在では大正天皇だけでなく、貞明皇后(ていめいこうごう)、昭和天皇、香淳皇后(こうじゅんこうごう)の御陵が造営され、正式名称を武蔵陵墓地(むさしりょうぼち)、また通称として多摩御陵(たまごりょう)とも呼ばれています。

散歩の様子

東京方面に向かって歩くと、右手にはJRの線路が平行してずっと続き、左には緑豊かな陵南(りょうなん)公園や武蔵陵墓地があり、魅力的な散歩道になっています。歩道もそれほど狭くなく、私と同じようにゆっくりとイチョウ並木や辺りの景色を楽しみながら歩いている人、犬を散歩している人、ランナーの姿がありました。

イチョウ並木をずっと歩いていくと、紅葉の差だけでなく、樹の成長度合いの違いも目立ちました。

樹は当時一斉に768本植えられましたが、その後戦争による空襲被害、先ほど書いた自動車排気ガスの影響などにより、ダメになってしまった樹があるとのこと。ですが、随時新しい樹を植えているため、樹の大きさがまちまちだということです。現在は763本の樹が立っています。

イチョウの樹といえば雌の樹には銀杏がなることで知られています。ここのイチョウ並木は雄雌半々とのことで、時期になると一斉に銀杏の実を付けます。私が歩いた時は既に収穫された後でしたが、それでも残りわずかな実を捜す人の姿が見られ、実際に私も見つけることができました。

銀杏

歩道橋からの様子

階段

夕暮れの感じ

道のりには3つほど歩道橋があり、その上から眺める風景は、下の歩道を歩いている風景とは一味違い、見応えがあります。歩道橋の階段には、階段を覆い尽くすほどの落葉がありました。

歩き始めた頃明るかった辺りの様子は、イチョウ並木の全長を歩き終えた頃には、うす暗くなっていました。ですが街灯にライトアップされているイチョウ並木の様子も、また風情がありました。

■御陵:皇室専用の墓。「みささぎ」ともいう。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です