練馬白山神社に立つ2本の大ケヤキ

Pocket

みなさん、こんにちは。今回は東京都練馬区にある、白山神社(はくさんじんじゃ)の境内に立つ、2本の大ケヤキをご紹介します。

神社外観

樹外観2

1階と2階の様子

道路側

1階の樹

2階より眺める

都営地下鉄大江戸線・西武豊島線「豊島園駅」から、徒歩5分ほどのところにあり、辺りには十一ケ寺(じゅういちかじ)という由緒ある寺院や住宅が立ち並び、穏やかな雰囲気が漂っています。駅の反対側にある遊園地・豊島園の喧騒を感じることは、神社の周りではありません。

白山神社と名の付く神社は、全国に2700カ所ほどあり、石川県、岐阜県の境に位置する「白山」に宿る神を祀る神社です。「白山の神」とは菊理媛神(くくりひめのかみ)ですが、ここ練馬白山神社では、日本国を創造したとされている、伊邪那美命(いざなみのみこと)が地域の氏神であったことから、主祭神(しゅさいじん=神社が主として祀っている神)として祀っています。

他の神社でも両神を一緒に祀っているところはあり、日本神話によると、伊邪那美命が夫である伊邪那岐命(いざなぎのみこと)と口論になった際、白山の神が仲裁に入ったと伝えてられていますから、特別な間柄にある神だったことが想像できます。

2本の大ケヤキが植えられたのは、永保3年(1083年)のこと。鎌倉幕府を開いた源頼朝(みなもとのよりとも)、室町幕府を開いた足利尊氏(あしかがたかうじ)、さらに江戸幕府を開いた徳川家康(とくがわいえやす)の祖先である、優秀な遺伝子を持つ武将として今日英雄視されている、源義家(みなもとのよしいえ)が、「後三年の役(ごさんねんのえき)」で奥州へ向かう際、戦勝祈願で植えたとされています。

神社は石段で1階と2階部分に分かれ、1階の方が広く、25メートルプールほどの大きさです。2階は細長く、拝殿があります。大ケヤキはそれぞれ上下1本ずつ石段近くに立ち、どちらも国の天然記念物指定を受けています。下の樹の方が大きく、正面から神社を見るとまず目に飛び込んでくるのが、下の樹になります。

下の樹は樹高約19メートル、幹周り約8メートルの堂々たる大きさで、神主さんの話によれば、パワースポットとして昨今は人気があるそうです。私も始めてこの樹を見た瞬間、数分間足を止め、樹を見入っていました。また、私と同じように樹の前に立ち、数分間足を止めている参拝者の姿を、実際に見ることができました。

2階の樹

2階の樹2

2階の樹コブ

上の樹の大きさは樹高約14メートル、幹周り7.2メートル。下の樹と比べると小柄ですが、大きなコブが特徴です。コブについては以前の記事でも触れましたが、生命力の象徴。私が訪れた時期は真夏でしたので、どちらの樹もたくさんのみどりの歯を木の枝がしなるほどつけ、風が吹くたびに“さわさわ”と、心地よい音を奏でていました。樹勢は良好です。

葉の様子

ポールに支えられている様子

ただ2本の樹は一時、台風の強風により倒れそうになったり、病気にかかったりと、元気がなかった時期がありました。心配になった神主さんが練馬区に協力をお願いし、1989年から専門家による治療がスタート。倒壊を防ぐ支柱を設置し、土壌殺菌のために土の入れ替えを行い、悪玉菌を殺し善玉菌を増やす処置をしたりと、懸命な治療が続けられたそうです。

本来の位置にない根を正しい位置へと導く、「不定根誘導」なる処置も施され、最初の治療から20年経った今では、2本の樹はすっかり元気になったと、長い間樹を見続けてきた神主さんは、うれしそうに話してくれました。

樹の生命力が評判を呼び、パワースポットとしての人気に加え、「安産神社」としても脚光を浴びているんだとか。2本の大ケヤキの前に立っていると、妊婦さんの気持ちがとてもよく分かりました。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です