多摩丘陵の歴史を見てきた、2本の大きなシイノキ

Pocket

みなさん、こんにちは。今回は、多摩ニュータウンに立つ、2本の大きなシイノキをご紹介します。

2本の樹への最寄り駅は多摩センター駅で、多摩ニュータウンの中心に位置するハブステーションです。小田急電鉄、京王電鉄、多摩都市モノレール、羽田・成田空港を往復するバスが乗り入れるターミナルも整備され、計画都市らしい立派な景観が、駅周辺には広がっています。

多摩センター様子

アップダウンの様子

駅から最初の樹までは歩いて20分ほど。なだらかな登り坂が長い間続きます。

公園から迫り出す様

平久保(びらくぼ)公園のシイノキ3

平久保(びらくぼ)公園のシイノキ

平久保(びらくぼ)公園のシイノキ2

最初のシイノキは100平方メートルほどの平久保(びらくぼ)公園にあり、樹が公園に立っているというよりは、樹のために公園がつくられているという印象で、伸びた枝葉の一部が、公園の外にまで迫り出す様子も見られました。

公園は小高い丘を小さくまとめた感じで、塚という印象も受けます。高低差は2~3階建ての家ほどで、それほどきつくない斜面に、へばりつくように大小2本の樹が立っています。樹は根元では独立していますが、頭上では互いの枝葉が絡み合い、全体の様子を形づくっています。

公園の外からその様子を見ると、お椀を逆さにかぶせたような形が特徴的で、一番高い部分からさらに大きく成長しようと、3本の枝が“ぴょん”と飛び出ているのが、なんともユーモラスに映りました。

園内には、樹を囲むように散歩道があります。樹の根元には鳥居、祠があり、犬を散歩している近所の方が、その前で合唱する姿がありました。公園整備に携わった方に話を聞くと、鳥居、祠も多摩ニュータウンが整備される以前より、この場所にあったとのことで、もともと辺りの山やシイノキを奉るために、地主の方が建てたとのことでした。つまり、樹の周りは多摩ニュータウンが整備される以前から続く、変わらぬ光景ということです。先に述べた“樹のためにつくられた公園” という印象は、そのままずばりだったのです。

鳥居と祠

2本の樹の様子

根っこの様子

木の実

樹勢は良好。散歩を楽しむ人に樹が当たらないようにと、支柱が数本立ち枝葉を支えています。

太く大きく、まるで雑巾をしぼったような模様の樹皮を持つ樹が、都から天然記念物指定を受けているシイノキで、樹齢は500~600年。樹高25メートル、太さ5.9メートル、枝張りは27メートルあり、樹高は都が天然記念物指定している6本のシイノキの中で一番です。また、力強く地面を掴んでいるために発達したのでしょう。筋肉のように隆々として根も、特徴的でした。

枝葉に近づくと、まだ熟していな実がたくさんなっていて、いずれは「どんぐり」となり公園を埋めつくすのだろうな……。そんなことを考えました。

一本杉公園のスダジイ

千手観音のような枝葉

もう1本のシイノキは、平久保のシイノキから歩いて10分ほどの「一本杉公園内」にあります。こちらも樹も丘の斜面にへばりつくように立っています。

一本杉公園のシイノキは、スダジイと紹介されていて、多摩市の天然記念物指定を受けています。高さ16メートル、太さ3.6メートル 枝張11メートル。こちらのシイノキの特徴は、ドームのようなしっかりとした形の樹冠(じゅかん)です。その堂々たる樹冠を眺めていると、「日立の樹と似ているなあ」との思いが沸いてきました。

樹に近づくと、樹冠をつくっているのが何百本という数の小さな枝葉の集まりであることを知り、びっくり。お寺で目にする千手観音像の手を思い浮かべました。

シイノキとはブナ科シイ属の樹の総称で、国内には「スダジイ」と「ツブラジイ」の2種類あり、関東以北にはスダジイのみが生えていることから、一般的に「シイノキ=スダジイ」とされています。

多摩ニュータウンは1960年代、戦後の高度経済成長を続ける中心都市東京都区内に、大勢の人が流入し住宅が不足したことを受けて、西多摩地域に整備された日本最大規模の計画都市です。広さは東西14キロ、南北1~3キロほどで、多摩市、町田市、稲城市、八王子市にまたがっています

多摩ニュータウンが計画された地域は、自然環境豊かな多摩丘陵の一角で、過去にはクヌギやコナラをはじめとするブナ科の樹がたくさん茂る雑木林で覆われ、高尾山のお膝元でもあります。そんな雑木林が削られ、自分たちの住みかを追いやられるタヌキの様子を描いた、『平成狸合戦ぽんぽこ』という映画のモデルにもなりました。

ですが、今回取材した2本の大きなシイノキに代表されるように、多摩ニュータウンには数多くの巨樹が残り、公園も多くあります。「自然と人の共存――」。多摩ニュータウンの開発に携わった方たちのそのような思いが、多摩ニュータウンに立つ巨樹には込められているのかもしれません。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です