大泉井頭公園の2本のマルバヤナギ

Pocket

みなさん、こんにちは。今回は、東京都練馬区にある「大泉井頭公園(おおいずみいがしらこうえん)」をご紹介します。

かなり引き

練馬区・板橋区内、埼玉県和光市を通り、荒川水系の新河岸川(しんがしがわ)に合流する、白子川(しらこがわ)の上・両岸部分に、公園はあります。そのため川に沿った細長いかたちに加え、まるで川の蓋のようなコンクリート製の、大きく平らな橋が架かっているのが特徴です。幅は広い部分でも20メートルほど、全長約350メートル。駅から遠い公園の端(南側)部分に、白子川の源流(七福橋付近)があります。

白子川の様子

公園が開園したのは1965年。それ以前は豊富な泉が湧き出る、現在の公園と同じように細長いかたちをした井頭池(いがしらいけ)がありました。1600年代中ごろには、お堂が建つ中島(池の中にある島)があり、地域の氏神である弁天様が祀られていました。お堂が何度も火災に逢うことから「焼け弁天」と呼ばれ、残念なことに現在その姿を確認することはできません。その後、何度か祠が祀られたそうで、地域の古老の中には祠の姿を見たことがある人物もいるんだとか。さらに弁天様の好意により、悪童が改心したという昔話が、この辺りでは伝えられています。

現在の白子川は氾濫対策として、直線的に整備され、川の両岸をコンクリート壁で固められています。結果、雨水が流れ込まない川となりました。そのため、地下から湧き出る水のみが流れる川になり、雨量の少ない時期には水量がかなり減るそうです。源流部分では川に降りれるようにと、公園からスロープが設けられています。川面まで降りて湧き水を見たかったのですが、私が訪れた時期はちょうど雨量が少ない時期で、確認することはできませんでした。源流部分では水の流れはほとんどなく、「池」という印象を持ちます。

白子川の源流にある池

ただ、川に生い茂る草や気持ちよそうに泳ぐカルガモや鯉、水面いっぱいに群がるアメンボの姿を見ると、ぱっと見はコンクリートに囲まれた人工的な川であっても、その実は湧き水が流れ出る清流であることが分かります。

鯉

アメンボ

最寄り駅は西武池袋線「大泉学園駅」および「保谷駅」で、どちらの駅からも歩いて10分ほどです。練馬区特有の迷路のような路地をくぐりぬけ、川、そして公園に向かいます。途中、白子川を愛する地元民の看板を発見しました。遺跡の存在を示す看板もあり、太古より人の暮らしがあった地域であることが分かります。

標識(白子川)

公園に沿って川の上流に進んでいくと、大きな2本の樹が見えてきます。枝がしなり、風になびくスマートな樹というイメージが強い一般的な柳とは違い、がっちりと、そしてどっしりとした見た目が特徴的なマルバヤナギ(丸葉柳)です。

駅から2本の樹

2本の樹

2本の樹は先にも触れた、弁天様を祀るお堂の裏に建っていたと伝えられており、井頭池・白子川を形づくる豊富な湧き水が、2本の樹を育てたのです。古老の話によると、以前2本の樹の根っこは川のほとりまで達していたそうですから、よほどおいしい湧き水なのでしょうね。樹勢は良好です。2本とも駅から向かって対岸に立っていて、橋の近くにある樹(下流側)の方が大きく感じました。幹周りは2メートルほど、高さは約6メートルです。上流側の樹は、根元部分の幹は2メートルを超えるほどの太さですが、すぐに2本の幹に分かれます。その後はそれぞれが、1~1.5メートルほどの太さとなり伸びています。樹高は下流の樹よりも高く9メートほど。どちらも練馬区天然記念物の指定を受けています。

マルバヤナギ外観

マルバヤナギの幹

下流の樹は、根元から1メートルほどの位置で直角に曲がり、地面と平行した幹から8本ほどの幹が垂直に伸びるという、独特な形状をしています。樹齢は不明ですが、人間の“しわ”のようなごつごつとした樹の表面から、老木であることが推測できます。

川および公園の両側には住宅が立ち並び、樹が立つすぐ脇には、子ども用の遊具が多く設置されています。私が訪れた日も、元気いっぱいに遊ぶ子ども、乳母車に乗った赤ちゃんの姿がありました。いつまでも地域住民から愛される、川・公園として在り続けてほしいと思いました。

■参考文献
:『みどりと水の練馬』 練馬区土木部公園緑地課出版
:練馬区教育委員会生涯学習部生涯学ほか著 郷土資料室ほか著『ねりまの昔ばなし』
練馬区教育委員会出版
:練馬区編集『ねりま50年の移り変わり』 練馬区出版

■情報提供元
白子川源流・水辺の会:http://www.geocities.jp/sirako_river/

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です