靏嶋神明社 対の大イチョウ

Pocket

みなさん、こんにちは。今回は、山梨県上野原市にある「靏嶋神明社(つるしましんめいしゃ)」境内に立つ、2本の大イチョウをご紹介します。

道のり

全体

靏嶋神明社の創建に関しては不明ですが、宝永4年(1707年)再建の棟札(むなふだ)が残ることから、それ以前に建てられた歴史ある神社であることが分かります。御祭神(ごさいじん)は天照大神(あまてらすおおみかみ)です。

「神明社」と名が付く神社は、皇室の祖神であり、太陽を神格化した女神・天照大神を祀っており、総本社は伊勢神宮(いせじんぐう)の内宮(ないくう)です。全国に点在する神明社の数は、5000~1万8000社ほどあると言われています。

靏嶋神社は山梨県道35号線(四日市場上野原線)沿いにあり、JR中央線上野原駅から徒歩15分ほどの位置にあります。私が訪れた7月下旬は、梅雨明け後の猛暑が続いた最中。境内は駅から見て小高い位置にあるため、汗を大量にかき、へとへとになりながら、曲がりくねった県道を懸命に登りました。

境内の大きさは30平米ほどですから、それほど大きい神社という印象は持ちません。ただ、県道のすぐ側に立つ2本の大イチョウを筆頭に、巨樹が境内に立ち、それら巨樹の葉が太陽を遮り、辺りの暑さとはうらはらに、すがすがしい風が境内には流れています。さらに、うぐいすの心地よい鳴き声が聞かれたり、セミの姿も見られ、気づけば私の汗はすっかりひいていました。

神社の裏山

セミ

イチョウの樹は県道から社殿に向かって右の方が大きく、樹高はどちらも約30メートル、樹齢は300年ほどです。目通り幹囲は、右が約5メートル、左が約4メートル。どちらの樹の樹勢も良好で、真夏の太陽を浴び、さらに成長しているという印象を持ちました。

県道から鳥居・社殿へと続く石段を上っていくと、ちょうど2本の樹の真下をくぐり抜けます。見上げてみると、既に銀杏の実が。イチョウは雌雄の区別がある雌雄異株。靏嶋神明社の2本の大イチョウは、どちらも銀杏がなっていることから、仲良しな女性カップルであることが分かりました。

正面

銀杏がなっている様子

今度は逆に、境内からイチョウを眺めました。すると、イチョウの先に私が駅から歩いてきた相模川(通称:桂川)周辺の景色が一望でき、さらに上野原市内やその先の山々が一望できる景色がありました。

裏山からイチョウを眺める

眼下に広がる上野原の町

県道は頻繁に大型トラックや市民の車が往来する、市のライフライン。靏嶋神明社ならびに2本の大イチョウは、目の前を走る車の安全、さらに眼下に広がる上野原市民の生活を見守っているように見えました。

Pocket

“靏嶋神明社 対の大イチョウ” への2件のフィードバック

  1. 河内良裕 より:

    上野原を検索したらこちらにサイトに出会いました。靏嶋神明社をアップしてくださりありがとうございます。小さい時から遊んでいた神社であり、実家に帰れば必ずお参りにいく神社です。

    • >河内良裕さん
      コメント、ありがとうございます。

      もう、4年以上前になるんですね、僕が神社を訪れたのは。

      文中でも触れていますが、とにかく暑かったこと、そして街のシンボル的な場所であった記憶があります。

      これからも、お参りを続けてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です