日比谷公園の首かけイチョウ

Pocket

みなさん、こんにちは。今回は、東京都千代田区にある「日比谷公園」をご紹介します。

首かけイチョウ

日比谷公園が開園したのは、1903年(明治36年)です。日本が、今日の近代国家の礎を築いている時代背景の中、日本初のドイツ式洋風近代公園として、開園しました。公園を設計したのは、時代の先端を歩んでいた2人の偉大な人物。「公園の父」と呼ばれ、現東京大学農学部を主席で卒業した、本田静六(ほんだせいろく)氏(林学博士)と、助手本郷高徳(ほんごうたかのり)氏です。本田静六氏は、北は北海道・大沼公園から、南は福岡・大濠公園、さらに東京・明治神宮の設計にも携わりました。

日比谷公園の大きな特徴として、立地の良さが挙げられます。横には皇居があり、JR東京駅から、歩いていくことも可能(約20分)。そのため、園内には大小いくつもの野外音楽堂が設けられ、イベントを頻繁に開催し、賑わっています。私が訪れたこの日も、イベント設置準備の真っ最中でした。テントを設置する人、オーディオ機器を取り付ける人、ショーの打ち合わせをしている、タレントさんなどの姿を見ることができました。

立地の良さが災いとなり、同園は開園以来、時代の波をもろに受けてきた公園でもあります。開園2年後には、ポーツマス条約に反対するデモ隊の決起集会場となり、「日比谷焼打事件」が勃発。1971年には、沖縄返還協定に反対するデモが開かれ、園内にあるレストラン「松本楼(まつもとろう)」が焼失する、被害を受けました。

ただ、関東大震災の際には、避難所として活躍した一面を持っています。昨今では「年越し派遣村」が設置された場所として、メディアを賑わしました。日本の高度成長を、まさに肌身で感じてきた公園と言えます。

松本楼とイチョウ

日比谷公園イチョウ

「松本楼」の脇には、「首かけイチョウ」というイチョウの巨樹が立っています。レストラン前に堂々と立つその姿は、散歩で公園を訪れた人の足を止めるパワーを持っているだけでなく、レストランで食事をする人たちの、心を癒す効果があることでしょう。

推定樹齢約400年、幹周り約6.5メートル。以前は現日比谷交差点脇にあったのですが、道路拡張工事の際に、伐採されそうになったこの樹を、本田静六氏が移植したと伝えられています。「私の首にかけてこのイチョウの樹は守る」と同氏が発言したことから、「首かけイチョウ」と呼ばれているのです。

「松本楼」は、毎年9月25日に10円カレーを販売することで有名です。ですが、このイベントの実は、「チャリティー」イベント。10円ではなく、多くの寄付金を集めることを、レストランは望んでいます。大きなイチョウの樹を見ながら、初秋の心地よい風を感じ本格的なカレーを頂く。その対価として、気持ちよく募金をしたいものです。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です