与野 樹齢1000年の大カヤ

Pocket

みなさん、こんにちは。今回は、埼玉県さいたま市(旧:与野市)に立つ、「与野の大カヤ」をご紹介します。

全体像

「与野の大カヤ」が立つ場所は、妙行寺(みょうぎょうじ)脇にある金比羅天堂が建つ敷地内です。妙行寺は古くは禅寺でしたが、応永15年(1,408年)日蓮宗の高僧、日英上人の勧めに従い、日蓮宗に改宗したと伝えられており、正式名称を日蓮宗東永山妙行寺と言います。

江戸時代与野に住み、松尾芭蕉を慕った俳人、鈴木荘丹(すずきそうたん)の墓があることでも有名です。樹齢約500年のモッコクが寺内に立ち、こちらは県の天然記念物となっています。ただ、今回妙行寺内には入らなかったため、これらの写真はありません。

カヤの樹までの道のりは、JR埼京線南与野駅から徒歩10分ほど。妙行事及び金比羅天堂は、「埼大通りのけやき並木」、「弘法尊院」、「円乗院」、「与野公園」、「上町氷川神社」、今はなき「円阿弥(えんなみ)の竹林」と併せて「与野新八景」と呼ばれ、南与野駅からさいたま新都心駅までを散策するコースとして、紹介されています。

根元

カヤの葉

小ぢんまりとした敷地内に建っている金比羅天堂とカヤの巨樹。辺りには民家も立ち並び、地域の人たちが集まる憩いの場という印象を持ちます。

ですが、樹そのものの様子は“威風堂々”という言葉がぴったり。敷地の中央付近にどっしりと根を降ろし、その安定した下半身から太くごつごつとし数本の幹を束ねたカヤ独特の凹凸のある主幹を、天に向かって真っ直ぐに伸ばし、枝葉を四方存分に広げている姿は圧巻です。地域住民が「榧木金比羅(かやのきこんぴら)」と慕い、御神木として祀ってきた思いが分かります。

平安時代中期の長元年間(1,028年~1,037年)に植えたと伝えられていますから、樹齢は1,000年以上。室町時代・応永年間(1,394年~1,427年)の頃には、既に関東随一の巨木としてその名が知れ渡り、旅人たちの道標として活躍していたそうです。

国の天然記念物に指定されたのが1,932年。その時点での大きさが樹高21.5m、根回り周囲13.5m、目通り周囲(目の高さでの幹周り)7.28m。今も樹勢は元気そのものですから、果たしてどこまで大きく成長しているのでしょう……。

樹の近くには、「中山道」という歴史ある街道が走っています。現在でも国道17号として活躍しており、東京から新潟までを結ぶ路線です。1世紀以上前では、街道を通る人の姿も様子も異なったはず。このカヤの樹はそんな時代の流れをずっと見続けてきたのかと思うと、神妙な気持ちになりました。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です