青梅市の神社で目にした天然記念物のシイノキ

Pocket

みなさん、こんにちは。今回は、東京都青梅市の天然記念物に指定されている、大きな「シイノキ」をご紹介します。

青梅市は東京都の西側に位置する市で、奥多摩町、八王子市、檜原村(ひのはらむら)に次いで、都内で4番目に大きな自治体です。オリンピックレベルのトップアスリートが参加する、「青梅マラソン」の開催地として、その名が広く知れています。また、私の生まれ故郷でもあります。

週末になると、都内から大勢のキャンパーや登山家が、山と川に恵まれた緑豊かな自然環境を求め、訪れます。人に優しい環境は、当然樹々にも優しい。関東から西の地方に自生するシイノキが、青梅市では特に伸び伸びと育っています。

樹が立っている場所は、千ヶ瀬神社と師岡神社です。両神社の距離は約2キロメートル。歩いても行き来することができる距離で、神主さんは同じ人物です。現在、神社の数は全国には約8万社あるといわれていますが、神主さんの数は2万1000人ほど。2社だけでなく、数社の神社を兼務されている方も珍しくはありません。また、他の仕事にも携わっている兼業神主さんもいます。

シイノキの実は「どんぐり」。戦時中には食料として重宝されました。伐採された樹はシイタケ栽培の原木として利用されたり、建築材やその他加工材として広く利用されます。また、樹そのものも防火・防風林として役立っています。これだけ多様な用途があるシイノキですから、神社の神木として祀られてきたのです。

どちらの神社にも共通しているのが、2本ずつの大きな樹が立っていること。市の認定を受けているのはそれぞれ1本ずつですが、なぜ両神社に同じ数の巨樹が立っているのかは、分かりませんでした。

師岡神社 崖に立つシイノキ

師岡神社シイノキコブの様子

まずは、師岡神社の樹の紹介から。同神社は、光明寺というお寺の脇にあるこぢんまりとした神社です。脇には道路があり、階段を上ったところに位置しているので、樹が立っている場所はまるで崖の上のような印象を持ちます。

そして、その崖から切り出すように大きな2本のシイノキが天に向かって枝葉を伸ばしているのです。その姿は圧巻。遠くからでも、かなり目立ちます。また、近づけば幹が太く立派な姿が、見る者を圧倒します。

千ヶ瀬神社 斜面に立つシイノキ

千ヶ瀬神社お堂前のシイノキ

一方、千ヶ瀬神社のシイノキは崖ではないですが、斜面の林中に立っています。ですから、その全体像をカメラに収めるのは非常に困難。斜面に立って樹を見上げると、山の斜面から勢いよく天に向かって伸びる枝葉の生命力が伝わってきます。この樹が、市内最大であり、樹齢も最も古いシイノキです。

もう1本の樹は、伸びる角度が極端に斜めなため、自らの重さに耐えられなくなったのでしょう。支え木に頼っている姿が、なんだか「シニアな樹」という印象を持ちました。

ですが、幹周りの堂々たるコブは見事。一般的にコブは、樹が自らを守る防護本能、そして生命力の表れだといわれています。これからも、元気な姿を見せてくれることでしょう。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です