日本屈指の高級住宅街、田園調布で目にしたクロマツ

Pocket

みなさん、こんにちは。今回は、東京都大田区田園調布に立つ「秋葉のクロマツ」をご紹介します。

秋葉のクロマツ 枝張り

田園調布の街は、20世紀初頭につくられました。都市計画の指揮を執ったのは、渋沢栄一という人物で、明治の大実業家です。海外に行く機会も多かった氏は、イギリス人都市計画家エベネザー・ハワード氏が提唱する、「田園都市計画」に影響を受け、当時の日本ではまだなかった、郊外型の住宅街をこの地につくりました。

田園調布と聞くと、高級住宅街というイメージを持つ方が多いでしょうが、この街の本当の魅力は、昔から住む住民の人柄なんだとか。実際、今回紹介する「秋葉のクロマツ」が立つ敷地に住むお方に連絡を取った際にも、とても気さくにお話をさせていただきましたから。

駅を降りると、国土交通省が定めた都市景観100選に選ばれている、見事な放射同心円状の街並みと、イチョウ並木が迎えてくれます。秋にくれば、また違うけれど素晴らしい風景が見られるんだろうな・・・。そんなことを想像しながら、目的地までの道のりを歩きました。

秋葉のクロマツまでは、15分ほど。静かな住宅街を右に左にと進みます(道があみだくじのようになっていて、長く真っ直ぐに進めないのです)。犬の散歩をしている方などが多く、閑静というよりも、「のどか」という印象を持ちました。

高さ約17メートル。幹周り約4メートルの堂々とした風体ですが、住宅街の中に立っているため、なんだか窮屈な感じを受けました。ですが、この辺りにはこのクロマツ以外にも松の木が多く立っています。きっと、松にとっては過ごしやすい環境なのでしょうね。

「秋葉のクロマツ」という名前は、樹の根元に秋葉神社の祠(ほこら)が、まつられているのがその由来です。樹齢は約300年。つまり、今のような田園都市ができる以前からずっとこの地で、脇に流れる多摩川と共に生きてきたわけですから、その生命力をあやかり、ご神木としてまつられたのでしょう。

根元にある祠

木が生えている場所は私有地ですので入れませんが、すぐ脇には行くことができます。近づいてみると、クロマツの樹皮のその大きさと、ゴツさ、そして亀甲模様と呼ぶにぴったりの迫力にびっくり。

秋葉のクロマツ樹表

秋葉のクロマツ樹表アップ

この樹は東京都の天然記念物に指定され、都内三大巨松と称されていますが、樹皮の豪華さではナンバー1でしょう。祠に手を合わせた後、帰路につきました。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です